Look 785 huez RSのインプレと峠タイム計測の結果

DSC07853

こんにちわ、yakiそばパンでございます。
先週約3ヵ月ぶりにしげさんとコーラさんと輪たろうさんとご一緒していただきましたが私だけがゼーハーしている内容になって腹立たしいのでブログは後回しにします(*´ω`*)

今回は書こう書こうと思っていた私の新車「look785 huez RS【2018】」のインプレというか峠を思い切り走ってTT実践した結果と感想をお伝えしたいと思います。
見返してみると今年の5月に購入した記事は書いたものの、その後感想や走った感じどうだったかは一切触れないという体たらくです。
⇒過去記事「Look 785 huez RSを購入しました!~注文からショップ入荷まで~」

実は、本当はヤビツ40分切ってカッコよく記事にしたかったのですがこのままだと永遠に記事にならなそうなので勇気を出して諦めました(*´ω`*)(!?)

スポンサーリンク

ロードバイクの比較

look785を何と比べるかというとこれまでの私の愛車であるピナレロのラザと比べる事になります。
ラザはカーボンとはいえエントリーモデルなので重量感たっぷりで良く言えば安定しているフレームです。
今回はエントリーモデルからヒルクライムに特化した軽量カーボンにフレームを変えたら峠のタイムはどうなるのか検証してみました。

作りの違いはザックリとこんな感じ。

使用カーボン 重さ
ピナレロ RAZHA 24HMUD 実走時で大体10 9.5kg
look785 huez RS UHM60t、HM46t、IM30t、HR24t、グラスファイバー12t 実走時で大体8kg


まず重さが大きく違うのは当たり前としてもう一つの大きな違いが使用しているカーボンの種類、よくわからない方もいると思いますが数値が大きければ硬いと思ってください。
Razhaは24HMUDというカーボン一種類で構成されていますが要するに柔らかめでレースよりもロングライドに向いているフレームのようです。
それに対して785 huezは5種類のカーボンを至る所で使い分けているとの事で公式サイトを見てもこの通り。

785huez

それぞれの種類のカーボンがこんな比率で至る所に使われているようです。
Look曰く、硬くするところは硬く、柔らかくするところは柔らかく、これで軽快な加速性や登坂性能と乗り心地を両立し快適性を向上させた。らしいです。

とりあえず、私の比較対象のラザと785huezの違いを理解したところで早速乗ってみての結果と感想を見てみましょう。

比較その1「登坂スピード」

2bdcd983

「ヒルクライムが速くなるのか」「楽になるのか」というのは正直一番気になるところですよね。
「キツイ坂が楽に登れる」「あの人みたいにスイスイ登れる」そんな事を夢見て、ロードバイクを始めてから誰もが一度は興味を持つ軽量フレーム。
まず驚くのが持った時の軽さです。軽いのは分かっています、分かってはいましたがいざ持ち上げた瞬間に実感できる圧倒的軽さ。
自転車に跨り漕ぎ出した瞬間から分かる軽やかさ。

乗った感じはラザと全然違います。
RAZHAは「ずっしり安定、まったり」、という印象ですが785 huezは「軽快、サクサク進む」という感じです。”進む”というイメージはクランクを回せば進むのは当たり前なのですが「ラザは70%くらい推進力に伝わっていたのが99%推進力になっている。」そんなイメージです。
硬いというのがちょっと分からなかったですが、サクサク進むという感じが硬いというところから来るのかもしれません。

こんな違いを感じてしまった私はタイムを計る前から「モロタwww絶対速くなったwww」と有頂天で峠へ向かいます(フラグ)。



それでは結果をご覧ください。


半原越ヒルクライム

自転車が完成したのが嬉しくてすぐに半原越をチャレンジしてみました。
私の中で半原越のTTは馬渡大坂からスタートします。
ここからだとウェルカムクソ坂と信号がありますが引っ掛かったら仕方ないと休憩する気にしないスタイルです(というか押しボタン式なので基本引っ掛かります)。


4月(ピナレロ RAZHA)24:49
razha半原越


6月(look 785huez RS)23:38
半原越785huez


はい。5.45kmの峠のヒルクライムで1分以上速くなりました(歓喜)
しかもlook 785で走った時は信号に引っ掛かっていますので信号をねじ伏せる程の向上です。
え?信号は気にしないと言ってたじゃないかって?あれは嘘です(手のひらクルー)



その信号のある激坂区間もこの通り、




ピナレロ RAZHA 6:31
IMG_2737




look 785huez RS 6:12
IMG_2736

信号で止まっているにも関わらず15秒程速くなっております(天才)

初めて思い切り走ってみての感想は登っていてスイスイ進むので気持ちいいです。
特に勾配が急な区間の方が顕著で今までは「ぐぬぬ…」という感じだったのがスイスイ進んで行くのが分かりました。
前半の急勾配部分で調子に乗った事から後半バテバテになってしまいましたがそれでもラザの時よりタイムは縮みましたので、これに関しては軽量フレームにして効果はあったと言って良いと思います(有頂天)

そして5.5kmの平均斜度7%の峠を1分以上縮められたという事は11km平均斜度6%のヤビツは確実に2分以上縮めらる!(られない)
この時のヤビツベストタイムが半年前に測った42分という記録だったので計算上もう40分切ったと言っても過言ではありません。

と、気を良くした私はこれで百パー40分切れるぜ!と意気揚々とヤビツ峠へ挑みます。

8月ヤビツ峠ヒルクライム







そしてイキった結果






IMG_2738





201206282





ヤビツ40分切れなくてワロタ





なんでやッ!



ちなみにラザで走ったのは半年以上前の12月に42分台で走っていますのでタイムは速くはなっていますが半年以上前ですし、
この時はちょっと練習不足&暑かったという事を差し引いてもそれまでゴリゴリにローラーやっていたのでフレーム効果よりトレーニング効果なのでは(震え声)

でも半原越ではフレームの差は確かにあったのでヤビツでも何かプラスはあったはずなんだ…。

ただ、ヤビはBASSさんとご一緒していただいたのですが蓑毛の坂の上までは未だかつてない程余裕を持ってついていけたので単純に11km全開で登り切るだけの体力がなかったり身体が慣れてなかったというのはあるかもしれません。(ローラーは40分もやりますが20分+インターバルとかがメイン)
あとはヤビツは半原越と比べると斜度の緩い坂なので軽量になった恩恵は10%近い急な坂の方が感じられるのかもしれません。乗っていても急斜面の方が「お~!スイスイ進む!」と軽い力で進む事が実感できました。

ちなみにこの日の事をBASSさんもブログに書いていただきました。
BASSさんのブログ⇒自分流四十代めっちゃ参考になります!BASSさんありがとうございました(*´ω`*)

ヤビツTTは今は衰えてしまっているので2~3ヵ月かけて戻していってまた挑んでみようと思います。
というか行ける時はタイムでなくてもローラーの変わりと割り切って行くようにしたいと思います!(たぶん)

比較その2「乗り心地」

o0727108014166526097

このLook785 huez RSのように硬いフレームは乗り心地は悪いというのが世の定評ですが、私に関しては全くそのような事はなく乗り心地は良いと感じました。
実際RAZHAでは結構肩が凝る事が多かったのですがポジションなのかハンドルやシートポストをカーボンにしたのがよかったのか肩が凝る事がなくなり、疲れも少なくなりました。

これは人によるところが大きいのでなんとも言えませんが、とても乗りやすく乗っていても疲れないのでその分乗る事が楽しくなったのは良い事でした(*´ω`*)

荒れてる下りはダメ

ただ、荒れてる路面やワッフル区間などガタガタしているところはめちゃくちゃ苦手な感じがします。
特に下りはフレームが硬いからなのか路面の衝撃をそのまま受け止めて自転車が弾みまくるので「アババババババ!!!!」という状況になりますw
スピードの出ている時や下りは今まで以上に減速するように注意しないといけません。
私の技術不足もありますが、RAZHAよりガタガタの路面(特に下り)は走りにくいと感じております(›´ω`‹ )

「look785 huez RS」軽量カーボンのまとめ


・路面の悪い下りは苦手
・急斜面ほど恩恵を受けた
・乗り心地は良かった
・漕ぎ出し凄く軽やか
・漕いだ分だけちゃんとサクッと進むイメージ
・ダンシングがしやすくなった
・軽いので運ぶのがめちゃくちゃ楽

最近は全然乗っていませんが、ラザより乗っていて楽しいので買って良かったと思っています。
何気に嬉しかったのは運ぶときに軽い事と、苦手だったダンシングが気持ちよくできるようになった事です。
ラザはやはり柔らかいからなのでしょうか、ダンシングした時に2歩進んで1歩下がるみたいな感じがするのに対してlook785は1歩進んだら1歩進むという感じで気持ちよく進んでくれます(下手くそなので疲れますが)

誰もが気になる軽量カーボンフレームで速くなるのか?という疑問は、私の中で多少は速くなるけど目標達成などは結局は本人の努力が大きいと思います。
目標に置いていたヤビツではあんまり変わりませんでしたので(;´∀`)
ちなみに軽さももちろんなのですが速さには剛性も大事な気がします。


今年は折角買ったフレームも夏以降全然自転車に乗る機会がなくかなり尻すぼみになってしまいましたが、来年はヤビツ40分も切ってlook785 huez RSで色んな所へ行きたいなぁと思う今日この頃です(*´ω`*)

参考になったか分かりませんが、あくまでも私の感覚なので話半分で聞いてくださいw
軽量フレームが気になっている方は是非思い切って買ってみると色々物欲を成仏させる事ができると思いますよ(*´ω`*)b


ちなみに坂は楽にはなりません。


おわり(*´ω`*)

スポンサーリンク

コメント

  1. 通り過ぎて戻ってしたいセントバーナード より:

    また西伊豆行こうず(*´ω`*)

    RSじゃなくてALだろ?

    • yakiそばパン より:

      しんぱちさん

      是非、暴走バターさんはいませんがまた皆であのコースをいきたいですね(*´ω`*)

      あと、フルカーボンです(*´ω`*)

  2. 匿名 より:

    あまりに更新がなかったので怪我でもして乗れなくなってるんじゃないかと思ってました…
    更新楽しみにしています!

    • yakiそばパン より:

      匿名さん

      コメントありがとうございます!
      そして心配していただきありがとうございます。怪我はしていませんのでご安心ください!
      ただ、ちょっと仕事や引っ越し等で忙しく全く乗れていませんでした(^^;)
      来年は落ち着き徐々に復活する予定ですので、またよろしくお願いします(*´ω`*)