冠雪の八ヶ岳とお花見ライド~絶景の平沢峠~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
DSC07321


皆さんお久しぶりです。
先日ガソリンスタンドにお釣りの5000円を取り忘れ、無いだろうな…とは思って電話してみたら本当にありませんでした(本当は届いてるっしょ♪(´ε` )と思ってました)。世知辛い世の中です。
どうも、yakiそばパンでございます。

久しぶりの更新になってしまいましたが、今月の月初に美食倶輪部のメンバー(しげさん、輪たろうさん、コーラさん)と山梨へ遠征した話です。

今回もしげさんプレゼンツのルートで冠雪の八ヶ岳をバックに桃源郷を回って桜も見ちゃおうという我儘を実現した贅沢なルートでとても楽しみ。
ただやはり例の如くしげさんがなんだかんだルートを渡しません。
しかしそこは私の想定内

c7eb8fe61503d085c4ebe8a025b07fd5_600

こんな事もあろうかと二日前にコーラさんと100km2600mアップして脚を慣らしておいたのです(ドヤァ)
しげさんの作ったルートスペックは距離100kmくらいと獲得標高は2000m程という情報は聞いていたのでそれよりキツイルートを事前に走っておけば今回のルートは少し楽に感じる作戦です。

分からないなら分からないなりの対策を!ルートが無くてもぬかりなし!

スポンサーリンク

八ヶ岳と今回走ったルート

ルート

後から分かった事ですが今回走ったルートはこんな感じ。
北杜市市街地から八ヶ岳へ向けて進んでいき八ヶ岳をかすめて戻ってくるという感じです。
八ヶ岳は近くに清里などの別荘地もあってペンションもたくさんあります。
私は何度か夏に行ったことはありますが八ヶ岳には星野リゾートもあり軽井沢や那須高原に近いイメージです。
牧場とかがある綺麗な避暑地というイメージで大差ないと思います。
清里や八ヶ岳に行くという事は知っていたので避暑地大好きな私としてはワクワクしながら当日を迎えます。

輪さん&しげさん「明日は半袖ビブで行きます(^ω^)」

DSC07235

実はこの日の前日に当日の気温についてこんな会話がありました。


しげさん「ちなみに明日は暑いので半袖&ビブの夏の恰好でOKです」


輪たろうさん「確かに暑いので特にyakiさんは半袖じゃないと暑くて死ぬと思います(^ω^)」


yaki「そうなんですか?でも標高高いですよ?」


しげさん「20度越える予報なので余裕です」


しげさん「ちなみに私は半袖、ビブで行きますよ( ´_ゝ`)」


輪たろうさん「僕もそうします(^ω^)」


yaki「なるほど(*´ω`*)」



という訳で2人を信じて半袖&ビブを用意し朝を迎えたのですが起きてみるとやたら寒い。
気温を見ると町田で7~8度(!?)これでは相模原に行ったら2度とかです(真顔)

昼間気温上がるにしろこれは寒すぎると、慌ててビブショーツを3/4ビブに変え念のためインナーをバッグに放り込みとりあえず半袖で集合場所へ行きます。

そして相模原を介してスタート地点の山梨県に到着。(めっちゃ寒い)。

DSC07236

DSC07237


コーラさん「寒い寒い寒い寒い」


yaki「めちゃくちゃ寒いんですけど、ここから暑いくらいに気温上がるもんなのですかw」


輪たろうさん「日が昇れば大丈夫ですよ(^ω^)」


しげさん「20度越えるので大丈夫ですって(・ε・)」


yaki「もう日昇ってますよwww」


yaki「ていうか二人とも”僕は半袖で行きます”とか言っておきながらインナー着てるじゃないですかwww」



※現地での写真

※現地での写真




輪&しげ&コーラ「yakiさんなら大丈夫ですよ(^ω^)」


やはり自分の身は自分で守る。
他人は信じちゃいけません(人間不信)

無言で念のために持ってきたインナーを着たのは言うまでもありません。

ちなみに今回、しげさんとコーラさんの自転車がニューフレーム。
で、こちらがしげさんの自転車。
DSC07238

泣く子も黙るサーベロのハイエンドモデルのR5です。
実はサーベロはこの上にもう一つモデルがあるのですがR5もハイエンドモデルと言っていいでしょう(俺基準)

全体的にダークグレーとブラックに統一される中、トップチューブとBB付近に赤が差し色として映えています。
また、しげさん曰く「心の病みを表現した」というバーテープは赤を基調に混沌をイメージ。まるでムンクの「叫び」の後ろらへんのような柄で病みが絶妙に表現されています。

c38c795b

そういえば、R5を纏ったしげさんはまるで飛ぶように山を登るとコーラさんから聞いた事があります…。
そう、彼の名は…


「ブラックウイング」





そしてこちらがコーラさんの自転車
DSC07239

拘りのオーダーメイドのスチールバイクでカラーはビアンキのパンターニモデル「スペシャリッシマ」をイメージしたとの事。
「スチールはクソ重くて進まなくて自転車辞めそうです(ФωФ)」「ハイエンドが欲しくなりました(ФωФ)」
と、ディスりまくっているコーラさんですがショップに文句言ったらポジションを少し変更して貰えたようです。
果たしてブラックウイングについていく事はできるのか!


そしてニューフレームではありませんがこちら輪たろうさんのデローザ
DSC07240

個人的にピンクのクイックリリースレバーってお洒落だなぁと思っています(*´ω`*)
そしてガーミンの辺りを良く見て下さい。
今回は動画を撮ろうと輪たろうさんがやる気を出してアクションカムがついています。
どんな動画が撮れていたのか…コチラ輪たろうさんがブログの最後で編集したものをアップしてくれました(*´ω`*)

一通り新しい物をチェックしたら早速スタート!今は寒いですが気温が上がると景色が霞んでしまうので急いでいきましょう!

まずは桃源郷

DSC07243

走り始めてすぐにしげさんが農道のような道へ入ったな~と思ったらいきなりの桃源郷。

ただ1週間くらい早かったようで咲き始めな感じでした。
これでも十分綺麗ですが、満開の時に来たら圧倒されそうです。

DSC07248

DSC07250

DSC07251

DSC07253

DSC07254

DSC07260

DSC07256

DSC07265

桜は都内でも良く見ますが桃の花って珍しい気がします。

DSC07261
この輪たろうさんの写真がめっちゃカッコいい

思い思いに撮影したら次の桜の名所へ向けて先へ進みます。

DSC07266

DSC07269

DSC07274

桃源郷の中を縫うように進んでいきます。
ここすごいのが常に南アルプスがバックに見える事。
桃の花のピンクと冠雪の南アルプスの白と青が組み合わさるコントラスト、キンと冷えた朝の空気と光に清々しさを感じます。
要するに最高です(*´ω`*)

DSC07275

DSC07276

DSC07278


暫くすると桃園を抜けたのでしょうか。
レタス畑の真ん中のようなところを通り抜けます。
次の目的地の「実相寺」は輪たろうさん曰く「もはや自分の力では支えられない程のものすごい桜がある」という桜の名所のようです。
TVで紹介されていたようで期待値が高まります(*´ω`*)

DSC07281

DSC07283

そして何気なく目的地へ向かっている過程にも心を惹かれる景色がたくさんあってとても楽しいルートです。
そのたびに止まって撮影したり眺めたりするので時間はどんどん押していきますが、想定外の魅力的な景色を探して見つけた時の喜びもまたひとしお。
一気に目的地を目指すのもいいですが、時間を気にせずのんびり景色を拾い集めていくライドも楽しいものです(*´ω`*)

桜の名所「実相寺」の山高神代桜へ

DSC07287

予定より遅れる事約1時間、目の前にドーンと現れる冠雪の南アルプスと桜とラッパ水仙が広がる景色。
これが第二の目的地の桜の名所「実相寺」に到着です(*´ω`*)

輪たろうさんのお目当ての桜を「これですか?」「こっちは?」と探しながら奥へ進んでいきます。

DSC07292

DSC07293

※桜とブラックウイング

※桜とブラックウイング



DSC07302

DSC07296

コーラさんの自転車がめちゃくちゃ桜に映えてインスタ映えしてました(^-^)


そして奥にどっしりと構える輪たろうさんのお目当ての桜を見つけました。

DSC07299

確かに輪たろうさんの言うように支えらなきゃ自立できないような形相。見るからにそこら辺の桜とは一線を画しています。
実はこの桜、この実相寺のメイン「山高神代桜(やまたかじんだいざくら)」と言って日本三大桜のひとつにも数えられている由緒正しい桜でした。
樹齢はなんと1800年~2000年。
弥生時代ですよ弥生時代!スマホもロードバイクも車もな~んもない卑弥呼とかの時代です。

にわかには信じ難いですがそんな時代からこの桜はここにずっと生えていて色々な時代の人に眺められてきたと思うと妙に感慨深く不思議な気持ちになります。
2000年の歴史からすると世の中のお父さんの35年住宅ローンなんて瞬殺ですし、私の消えた5000円や領収書をもらい忘れて回収不可になった3万円なんて(なんのこっちゃ)もはや無いも同然!どうでもよくなってきて心が軽くなります(*´ω`*)

思ってたよりすごい桜を拝めて満足して先へ進んでいくと…。

DSC07306


yaki「お!?この桜めっちゃ良くないですか!?」


コーラさん「これはいい一本桜ですね!」


yaki「これは何か有名な桜ですか?」


しげさん「わかんねっすwたぶん民家の桜ですw」



DSC07307

DSC07313

DSC07319

なんか小さな看板があった気もするので有名な桜なのかもしれませんが、特に観光地化してなく観光客もいない状態でサラッと出現しました。
南アルプスをバックに一本だけ立ち上がっている立派な桜に一同大興奮。
後ろの木造の小屋と相まってとても良い雰囲気です(*´ω`*)

DSC07327

DSC07329

DSC07330

素敵な桜ゾーンを後にした我々は相変わらず南アルプスを横に見ながら走っていきます。
この辺から少しづつ山に近づいてきている事に気が付きます。


いい感じの橋でみんなでパシャリ

DSC07333

DSC07331

DSC07335

DSC07336

写真を撮ってかなり緩く走っていますがちょっと怖いのがまだ全然登っていない事。
今日は2000m登るんだよな?と心の中で思いながらまだ見ぬ登りへ気持ちを備えます。

次の目的地がわからない

DSC07346

先程の橋を渡って走っていると周りの雰囲気が平野から山村になってきました。
今日は2000m登るのに実はまだ全然登ってない事に違和感を覚えますがいかんせんルートを渡されてないのでこの先何があってどこに向かっているのかさっぱりわからないので周りの雰囲気や看板から読み取るしかありません。

DSC07347


これはそろそろ登り始めそうだなぁ。と思って「登りはもう始まりますか?」としげさんに聞いてみると、


しげさん「いやぁ、もう登りか下りかしかねぇっすよ」


の一言。

しかしそこは想定内。
慌てず騒がず体力を温存します。

するとここで輪たろうさんが右側を見て


輪たろうさん「まさか…あそこ行くんですかね。」


と呟きます。

DSC07348

右を見ると上の方に一筋のガードレール。
前方を見ると大きく右に曲がっているので間違いなくあそこに行きそうです。
いよいよ本格的に登りがスタートか…と気合を入れて突入します。

ブラックウイング

DSC07350

DSC07349


民家の横の謎の20%くらいのクソ坂をゴングにいよいよ登りに突入です。
ここで気づいたのがなんかしげさんが速い事。

くっついて行こうとすると千切れる程キツイのです。
最初は私が衰えてるだけだと思ったのですがコーラさんがスッと下がってきて


コーラさん「しげさん早いっすよね!?あれダメですよね!?」


と珍しく慌てている姿を見て”やっぱりしげさんが速いのか(;´_ゝ`)”と自分の中で納得します。


yaki「やっぱり速いですよね!?さすがブラックウイング…。」


コーラさん「いけませんね(ФωФ)」



という会話が聞こえたのか後ろが千切れ気味な事に気が付いたのか少ししげさんのペースが緩んで追いつく事ができました(*´ω`*)

と、その瞬間


yaki「ハッハッハッハッハ!(カウンターアタック)」


とりあえずここの登りはおさえておこうとゆるぽたのフリから加速してポールポジションを奪います(*´ω`*)(きたない)


yaki「ここはもろたで(*´ω`*)」

5秒後

yaki「疲れたお(*´ω`*)」



と疲れを感じたと同時に後ろに気配を感じたと思った瞬間


コーラさん「あれあれ?yakiさんどうしたんですか(ニヤニヤ)」


ブラックウイング「あれ?どうししたんですかいきなり加速して(ニヤニヤ)」


yaki「ふぁっ!?」



と、一瞬でニヤニヤした二人にかわされて(憎い!)ポールポジションを奪われます。

最初は頑張って2人の後ろに食らいついていましたが「ここで終わりだろう」と思ったカーブを曲がった先にまだまだ登りが続いている上にコーラさんとしげさんがどんどん加速していく光景に私の心はポッキリ折れて素直に千切れます(戦略的撤退)

強すぎワロタ

最終的に脚を緩めた二人に追いつきましたが(←頑張ったのでここ重要)コーラさんは「ポジション変えたらスチールバイクが絶好調になりました。負ける気がしません(ФωФ)」と絶好調、しげさんも「疲れました(;´_ゝ`)」と言っていましたが特にゼーハーしてませんしいつも言ってるので今回もパフォーマンスで間違いないでしょう(^ω^)

というか、コーラさんはいつもの事なのでまぁあまり驚きませんが、しげさんが明らかにいつもより登りで1~2km/h速くなってるイメージです。
いつもだとしげさんが結構頑張ってる状態でも全力だせばついていけるのですが今回は全力だしても徐々に離されていく状態でした。

しげさんは普段トレーニングはやらないのと、以前とはホイールも一緒なので純粋にR2かR5のフレームの違いなんだと思います。
単純に私が衰えている可能性もありますがコーラさんも「しげさん速くなった」と言っているので間違いないかと思います。

エントリーグレードからハイエンドにフレームを変えると走りも結構変わります!

今まで私は「結局はエンジン( ー`дー´)キリッ」とかフレーム変えた事ないくせに言っていましたが目の前で実際に走りの変わった実例を見せつけされては認めざるを得ません。

私も注文して半年経過中のニューフレームがあるのですが、ちょっと前までは「このまま来ないで欲しい」とか思っていましたがしげさんの走りを見て早く来ないかなぁと思っています(手のひらクルー)

加速するブラックウイング

加速するブラックウイング


輪たろうさんの悲劇

実は本日


しげさん「魅力的な場所がないのでランチは無しです(⌒-⌒)」(マジキチ)


美味しい物を食べたい一心でむしろ食べないという美食倶輪部の本末転倒の心意気によりランチはライド後という事になっています。

その心意気の最初の餌食になったのが輪たろうさん。
ランチがないという事を知っていたので各々補給食は用意していたのですが輪たろうさんは車内へ忘れるイージーミス(ワロタ)
お店を見つけたらちょいちょい寄っていく作戦へ切り替えたのです。


輪たろうさん「次なんかあったら止まってくださ~い。補給します!」


しげ&コーラ&yaki「オーケーでーす!」


コーラさん「お!輪さん!自販機ならありましたよ!補給しますか?」


輪たろうさん「お願いします(*´ω`*)」



※自販機工事中で使用不可
DSC07352

自販機のおじさん「あ!ごめんね~。今使えないんだわ~(笑)」


輪たろうさん「え…。」


しげさん「この先に駅があるのでさすがにそこにはなんかあると思いますよw」


DSC07353

ガッカリする輪たろうさんですがさすがに駅には何かあるでしょう!

という事で近くの駅に到着!

DSC07355

DSC07354

駅前には売店も発見

輪たろうさんは何かお菓子を買ってくると中へ入っていきます。

輪たろうさんを待ちながらトイレいったりして休憩していると何故か輪たろうさんが手ぶらで戻ってきます。


yaki「あれ?補給はどうしました?」


輪たろうさん「店は開いてるのですが何度呼んでも誰も出てきません(T_T)」




クソワロタ



しかしこのまま輪たろうさんが干からびてしまうとワロえないので私のカロリーメイトとしげさんのグミをおすそ分けして先へ進みます。
この先の牧場には色々食べ物もあるのでもうひと頑張りです(*´ω`*)

癒しの牧場と絶景ロード

DSC07361

DSC07360

なんかここまで来るのに色々と大変な思いをしたような気もしますが写真が全くなく思い出せず。
(※写真の量は私のスタミナと比例します)

分かっている事はこの時点で私もかなりキテいた事。
後輪のフリー、クランクのBBから異音がしていた事。
コーラさんとしげさんは余裕こいてた事。

以上3点です。

とりあえず補給に牛乳とチーズケーキを流し込みます。

DSC07357

DSC07358

DSC07359

だいぶ疲れてますがここからまだまだ登るとの事(ゲッソリ)


もう帰りたい(涙目)


という思いとは裏腹に先へ進みます。
なんか二日前にコーラさんと走った時の疲れが抜けきっていなかったのか二日前走った時より早く脚が売切れ気味。
スタミナも急激に無くなってきて無言のゾンビ状態で走っていましたが突然の絶景。

DSC07363

DSC07364

赤い橋と八ヶ岳のコントラストが素敵です。
そしてここを過ぎてすぐにしげさんが「これをyakiさんに見せたかった」と言う絶景ロード。

DSC07369



八ヶ岳はクソ



と荒んでいた心が浄化され自然に笑顔も出てきます。

DSC_1326

DSC07372

DSC07374

DSC07376

道も景色も最高です(*´ω`*)
しかし絶景にテンションは上がっていますがそれとは裏腹にスタミナはレッドゾーン。
頑張っても心拍が160くらいから上がらなく全然力が入りません( ;∀;)
姑息なアタックなんてするんじゃなかった!と後悔しますが時すでに遅し。

しかも下手に力を入力するとBBから「ギギィーーー!」という明らかに鳴ってはいけない音がなるので、ここからは千切れても無理に追わずただひたすらインナーローでトルクをかけないように進んでいきます。

野辺山高原は平沢峠でフィニッシュ

DSC07379

登っている最中の写真は一枚もなく、ほとんど記憶が欠如していますが青色吐息でなんとか本日の最終目的地「平沢峠」へ到着。
あまり記憶にありませんが(記憶喪失)平沢峠はそんな長くなくてキツクないけどちゃんとしたところがいいところだった気がします(語彙力喪失)。

最近流行っている集合写真を輪たろうさんに撮ってもらいました(*´ω`*)

※take1
LRG_DSC05359

※take2
LRG_DSC05360

そしてこちらが私の撮った本日のベストショット
DSC07382
題「ブラックウイング」


そしてお返しにしげさんが撮ってくれた私の写真がこちら
DSC_1359
題「yaiそばパンさんの貴重な産卵シーン」

しげさんはもっと私をカッコよく撮る為に修行してきてください!(大クレーム)

この後、


しげさん「後は全て下りですから(*´ω`*)」


からの数百m登って結局獲得標高が2300m程度になってライド終了(絶許)
異音に気を使ったり久しぶりの実走はクッソ疲れましたが桜や八ヶ岳の景色を思い返すとキツイけど楽しいひと時でした(*´ω`*)
しげさん、いつもルートありがとうございます!ルートください。(*´ω`*)

まとめ

今日は十分絶景でしたが空が霞んでいなければ平沢峠からはさらに南アルプスも見えたようです。
山梨は畑が多くて邪魔する物が少ないので山を登っても平地からでも北海道のような開けた絶景がたくさんあります。
注意点は基本的にここら辺の観光シーズンは夏~秋なのでそれ以外のシーズンに行ってもお店は皆無という事(人や車が少ないというメリットもあります)。
あとは基本的に山梨は車社会なので平日でも町に近い国道はかなりの交通量で大型トラックや地元の車がかなりの速度で飛ばしている事(信号もないので渡るだけでかなり苦労します)です。
しかも路肩が凸凹してたりで綺麗ではないので国道を走るのは極力避けた方がいいと思います。

集落の中の道などはスピードは出せませんが、ゆっくりだからこそ気付く景色や地元の方ののんびりとした空気感を共有できるのもいいものです(*´ω`*)

個人的には新緑の季節もお店が賑わっているのと走りやすい気候で気持ちのいい緑の中を走れるので登り次第ではありますが初心者の方にもいいかな?と思います(^O^)
ちなみにライドに備える!とか言って目的のライドの2日前にデスライドはしない方がいいです。ただ疲れるだけです(真顔)
あとハイエンドフレームすごい




しげさん「ていうか、ブラックウイングってクソだせえっす…(;´_ゝ`)」




おわり(*´ω`*)


PS:異音のしていた後輪とBBはやはりぶっ壊れていたようで後輪のフリーとBBを交換したらバッチリ異音はなくなりました(*´ω`*)カンパのフリーは水に弱いらしく錆にやられていたようです。今後水には気を付けます(あとメンテも)。

ご一緒した輪たろうさんとしげさんが書いた今回のライドブログはコチラ!
輪たろうさん⇒「サガミハラ no ボッチチャリダー
しげさん⇒「~おもひでにぶどうぢるを添えて~


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ろっこつポキポキ2本だけ! より:

    yakiそばパンさんの産卵(意味深)….

  2. しげ より:

    トレーニングはしてませんが2ヶ月に1度位実走でシバかれたりしてるからかもしれませんね(*´ω`*)

    • yakiそばパン より:

      しげさん

      今回もルートありがとうございました!
      2ヵ月に一回シバかれるだけで強くなるなら苦労しないですよw
      恐らくしげさんのポテンシャルとブラックウイングが噛み合った結果だと思われます(*´ω`*)

  3. コーラ より:

    漆黒の翼を纏ったしげさんと走るとゼーハーしちゃうおいらです/(^o^)\
    早くyakiさんがニューフレームを手に入れてしげさんのお相手をしてくれないと(^^;おいらが自転車嫌いになりそうです(笑)

    桃源郷は良かったですねぇ( 〃▽〃)
    良い景色の中をへらへら適当に走るのが大好きです♪

    さてさて次回はどーなることやらwww

    • yakiそばパン より:

      コーラさん

      もうしげさんを止められる人はコーラさんしかいませんのでよろしくお願いします(*´ω`*)
      私と輪たろうさんは後ろから撮影してます(^ω^)

コメントする( ✧Д✧) カッ!!

メールアドレスが公開されることはありません。