1年越しのリベンジ~足柄・明神三国峠を越えて戻ってこい!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 55
IMG_1323-2

気付くともう12月も始まり今年も残すところあと1か月経過。
皆さんにとって2017年という1年はいかがでしたでしょうか。

自転車生活で言えば、美食倶輪部を始め、色々な方と色々なところを走れてとても楽しい週末を送る事ができました。
そしてPEAKS完走という自分の中で「これは無理」と思っていた事を自分なりに努力して皆さんに応援していただき結果を出せた事がとても嬉しく心に残った一年でした(*´ω`*)

そんな満足感でいっぱいの私ですが一つ気になる事があります。
それは日々のローラーや努力で、果たして自分は去年より楽に坂を登れるようになっているのか。
ヤビツTTではさほど速くなっていませんがベースはどうなのか。
一年の節目として自分の成長の変化をハッキリと確認してみたいと思っておりました。

そこで真っ先に浮かんだのが約一年前の去年の10月。
バターさんとコーラさんと初めて3人で走った足柄・明神三国のデスライド(160km2600mアップ)。
当時の私は獲得標高2000m越えをした事も160km以上も走った事がなく、初めての獲得標高2000m越えライド&最長距離の更新として今でも印象深く覚えております。

その時はそれはまぁキツイライドでした。
足柄峠はまだマシでしたが明神三国峠ではキツくてキツくてバターさんからは千切れ、途中で明神峠のバス停やコーラさんを撮影する為に脚は着くし、途中途中速度が落ちすぎてガーミンのオートストップがかかりまくった程です。

ヘロヘロの状態で登頂した後の富士山の絶景は鳥肌が立つほど感動し、「後は下りだからwww」というコーラさんとバターさんの言葉を鵜呑みにしていたらいきなり山伏峠が現れ(絶許)、道志道のアップダウン攻撃により町田に帰って来た時には完全なゾンビ状態。


二度とあんなクソ坂には行かない


と誓った思い出深いライドです。

コーラさんのいう「頑張って走るからキツイんです♪(´ε` )」というアドバイス?も「頑張らなきゃこんなクソ坂登れません(泣)」と全く意味がわかりませんでしたが、あれから一年。
PEAKSも数々のクソ坂(あまHLとか)もクリアしてきた今の私ならどうなのか。
あの忌々しい明神三国を頑張らずにクリアできればこれは一つの成長と言えます。

そこで成長の基準である頑張る頑張らないの指標で分かりやすいのが心拍数。
人それぞれ心拍は違いますが私の最大心拍は190くらい。
私の感覚ですが一つのラインとして心拍180を越えるとかなり頑張ってると言えます(TTしている時など)。

そこで今回、心拍を180未満で完走するという頑張らない縛りの上で約1年ぶりに足柄・明神三国へ行ってまいりました。

スポンサーリンク

大雄山駅からスタート

キャプチャ

ルートはこんな感じで「大雄山」という駅までトランポで行き近くの駐車場に止めてそこからスタート。
「足柄峠→明神三国峠→山中湖→明神三国峠→足柄峠」と戻ってくる完全なピストンルート。
途中の山中湖のリールカフェで美味しいランチと各峠で運が良ければ絶景の富士山も拝めます。
家から自走で行った一年前より平地が無い分距離が短い約80kmの2500mアップで挑みます。

今日のメンバーはあの日と同じくコーラさん。
本来はあの日と同メンバーのバターさんもお誘いしようとしていたのですがバターさんは非常に残念な事に療養中。
今回はお初の「なかせさん」がご一緒していただけました。

ちなみにコチラのなかせさん。
私もコーラさんも初めましてなのですが毎日ローラー3時間漕いだり雨の休日は6時間漕いだりするかなりヤバい人(誉め言葉)。
当然実力も凄まじく、今年はいろいろなヒルクライムレースへ出て入賞もされています。
本来はどう頑張ってもご一緒できませんが、この時期はなかせさんのオフ期間でゆっくりペースで好きな物を食べて走っているという事で今回のライドが実現しました。

気掛かりと言えばコーラさんが「yakiさんはおいらなんかより全然速いっす♪(´ε` )」とか言ってなかせさんに吹いて回っている事(絶許)

まぁ、これは走り出せば2秒でバレる嘘なのですが…。
そんな印象操作されながら駐車場で準備しているとなかせさんも合流。

「私がyakiそばパンです。」と自己紹介?を済ませたらいよいよライドスタートです。

すると初対面のなかせさんにコーラさんがおもむろに


コーラさん「今日はなかせさんを千切っていくyakiさんの写真を撮るでやんす♪(´ε` )」



怒られるぞ!!!!



yaki「何言い出すんですかいきなりwwwなかせさん千切れる訳ないじゃないですかw」


なかせさん「あ。全然撮って下さい!協力します( *´艸`)」


コーラさん「なかせさん…その時は…わかりますね?」


yaki「妙な圧力かけてヤラセ写真の根回ししないでくださいw」


ちなみにこの日私はカメラを忘れるという致命的なミスを犯して写真のやる気はゼロ。
今回の記事はほとんどコーラさんとなかせさんの撮っていただいた写真で構成されております(やる気って大事)

まずは足柄峠


とりあえず大雄山の駅前を曲がると登りが始まります。
この登りは足柄峠ではないのですが足柄峠の頂上までずっっと登りが続くので注意です。
とは言ってもヤバい斜度がある訳でもなく、足柄峠自体も後半少しキツくなりますがトータルで見ると少しキツイヤビツくらいに感じます。

ここは「あ~去年ここ通ったなぁ~」等と3人でおしゃべりしながら普通にクリア。
去年より楽に感じたような気もしますが今回は自走してきてないのと去年もここはそんなキツイイメージがなかったので比較は難しいところです。

cEvxbhkt

IMG_1317-2

IMG_1316


一年ぶりにドーーン!と富士山。


去年と全く同じように丘の上から富士山を眺めますが、やっぱり何度見ても富士山には心を奪われます。
今日も天気が良くて景色は最高です(*´ω`*)

いよいよ明神三国峠

ofBz1xVK

足柄峠をダウンヒルすると次はいよいよ今回最大の難所、明神三国峠。
明神三国峠と言えば2020年の東京オリンピックのロードレースコースの候補として上がっている場所です。
こんなクソ坂を世界中の選手が全力で登るとしたらそれは見てみたい!!!

なんて考えながら去年と同じようにセブンで最後の補給をしたら出発します。

ここの注意点は明神峠の入り口までもかなり登る事。
例えるなら宮ケ瀬の土山峠くらいは登るイメージです。
そこから明神峠の入り口に突入するので心が折れないように覚悟を決めておきましょう…。

dsc03203
※去年の写真

コチラが明神峠の入り口です。
ここからがクソ坂のスタート。気合を入れなおして突入です。

突入するとすぐにコーラさんとなかせさんが私の前へ出てジワジワと加速。

いつもはこれについて行こうとして結果、心拍が爆発して疲労困憊になってしまいますが今回は「心拍180未満」という頑張らない事を重視しているのでここはスルーの一手。

コーラさんの


コーラさん「yakiさん、これくらいのペースでいいですか~?」


という問いかけに普段なら

5b78f5a8-s

と言いたいところですが今日は


yaki「そのまま行ってくださ~い」(もう千切れてる)


と、大人の対応です(*´ω`*)
そのままコーラさんとなかせさんは一瞬で消えていきました。

jn1lSqtE

後ろから見た感じなかせさんは軽いギアを使ってケイデンスでシャカシャカ回して上げていくタイプのようです。対してコーラさんは重いギアをグイグイ回していくタイプ。
一体どちらが強いのか見届けたい気もしますが無理ゲーなので大人しく千切れます。

私は冷静にキツくならない程度のペースで登るのです(*´ω`*)

そして登り始めてすぐ気づいた事は前回より明らかに楽になっている事。
すぐにキツくなって勝手にゼーハーしだし170を突破した心拍も今回は10程度低い150後半~160前半のまま落ち着いています。
さらに速度も去年より1km/h以上出ておりオートストップすることもありません。
心にも余裕がありこのままのペースなら普通に行けそうです。

いい感じだぞ!と思った辺りで明神峠の一番キツイ18%滑り止めゾーンが目の前に現れました。

dCs49pXA

コーラさんに登ってくる私を撮っていただきましたが、さすがに20%近くになると踏んでしまうようで心拍が175まで上がってしまいました。
ここをクリアしてしまえば後は怖くありませんがクソ坂は続きます。
明神峠と三国峠はくっついているので6.5~7kmくらいある長丁場。
明神峠をクリアしたからと言って安心はできず、上げすぎないように意識しながら淡々とペダルを回します。

cMjYha32

すると登頂を終えたなかせさんも降りてきてくれました。


コーラさん「なかせさん!今私がyakiさんに千切られてる風に振舞うので写真を撮ってください!今です!」


なかせさん「わかりましたwww」


パシャ
IMG_4830


なかせさん「オッケーです( *´艸`)」


IMG_4831
コーラさん「ふう(*´ω`*)」(演技をやめたとたんスイーッと加速)




これはひどい



超人2人に私が弄ばれているといつの間にかクソ坂部分は過ぎて斜度が緩くなってきました。
明神三国峠の特徴は最後の2kmくらいが一気に斜度が緩くなること。
したがって緩い斜度が続きだしたら終わりも近いという事です。

という訳で明神三国峠クリア!
ボロボロだった去年に比べてかなり余裕を持って心拍180未満で登る事ができました。
こうやって体感でも数値でも成長を確認できるととても嬉しいです(*´ω`*)

そういえばコーラさんとなかせさんの対決ですが、最初コーラさんが350w位で先行。
それについて行ったなかせさんは、このままついて行くとバテると判断し少し抑えつつ様子見。
心拍が上がってきて脚を緩めた(アタックをやめた)コーラさんに追いついてそのまま抜き去っていったそうです。

ちなみに私の中ではいつも余裕のコーラさん。
「あまりゼーハーしているところは見られたくないんです(ΦωΦ)」と言っていたコーラさんですがついにゼーハーしているところを見られてしまったようですw
さすがリアル超人のなかせさん。

コーラさんは「yakiさんと走っている時もゼーハーしてますから( ;∀;)」と仰っていますが、
ゼーハーしているコーラさんを見るにはアレについていかないといけない事を考えると転生しないと見れそうにありません(^ω^)

山中湖へ絶景のダウンヒル

さて、ここからはクソ坂を登ったあとのご褒美タイムです。
今日はこの後の絶景があるから来たといっても過言ではありません。
山中湖のリールカフェへ向かう途中途中の絶景スポットで立ち止まります。

まずはすぐに出てくる「誓いの鐘」

IMG_1319-2

恋人岬みたいにここにカップルは南京錠を付けていくようです。

KfmoPBi9

そしてこの後がクライマックス!
突然道の左右がススキに包まれたかと思うとグワッと視界が開けて富士山が目の前に現れます。

IMG_1323-2

これですこれ!
これが見たくてここに来ました(*´ω`*)
明神三国峠から山中湖へ下る途中のススキの大草原。
冬の空気は澄んでいて富士山がクッキリで、なんと右奥に見えるのは南アルプスらしいです。
大喜びで景色のいいスポットを選んで思い思いに写真を撮ります。

IMG_1325-2

B904IZfb

富士山とススキと山中湖の美しい風景に見とれていると、突然コーラさんがあろうことか初対面のリアル超人(なかせさん)に信じられない言葉を放ちます。


コーラさん「なかせさんとyakiさんであのドブに入ってもらって顔だけだしてほしいです♪(´ε` )」




怒られるぞ!!!!




そしてなにその写真!?なんで!?


色々疑問をコーラさんにぶつけたいところですが、とりあえずなかせさんにそんな事をさせる訳にいかないので私が単独で金色の野の脇のドブ(側溝)に降り立ちました。

IMG_1343-2

お昼を食べたら来た道をピストン!

IMG_4843

syhaAC8a

IMG_1329-2

私の身体を張った一発芸「ナウシカ~蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべしver~」を披露して
絶景のダウンヒルをしたら湖畔のラーメン屋さん「リールカフェ」でランチです。
個人的にはここのラーメンなら塩ラーメンの方がおすすめです。
あとパクチーが入っちゃいますが私のお勧めはアジアン肉味噌ご飯です(一押し)

ECDlyb3E

ランチを食べたら来た道をひたすら戻ります。
今まで降りてきた坂を全て戻ると想像すると中々ゲッソリしますが車へ戻るにはこれが最短ルートなので仕方ありませんね(マジキチスマイル)

まず1つは目の三国峠の登り返し

ここは緩くて絶景で距離も長くないので最高です(*´ω`*)
さっきの絶景をゆるゆると登れるので山中湖からのポタライドでここまでなら初心者にもお勧めです!
明神分は下ってないので登り返す事はなく、ゆるゆると富士山を常に眺めて絶景の中を走れる最高のヒルクライムでした。

距離も短いので富士山に見守られながら「やー、ここは最高ですねぇ!」と話しながら登って行くとあっという間に頂上についてしまいます。
そして最後の足柄峠へ向かってダウンヒルなのですが、



下りはクソオブクソ



IMG_1331-2

クソ坂は登っても下ってもクソ坂という事がよくわかりました…(遠い目)
なかせさんも「リムが溶けるかと思いました(T_T)」と仰っていましたがカーボンリム(特にクリンチャー)の方は気を付けた方がよさそうです。

IMG_1332-2

ラストは足柄峠

いよいよ最後の登りである足柄峠です。

こいつは油断してましたがかなりの曲者でした。
足柄峠の登り返しは前半がとにかくキツイ。
特にゴルフ場の脇を抜けるあたりから


なかせさん「何気にこれキツくないですか?」


コーラさん「これ表よりキツいですよね?」


yaki「つらい」


終始10~16%が続きますので明神峠と同じ感じで表側(往路)よりもキツく感じました。
ここまで2000m程度登ってきた身体に容赦なく撃ち込まれるクソ坂のボディブローは中々応えます(T_T)

ただしそれも長くは続かずに数キロすると斜度は収まり緩やかな坂へと変わります。
ここまで登ってくると景色も開けていてここでも横に富士山を眺めながらの贅沢なヒルクライムが可能です(*´ω`*)
写真を撮る余裕も生まれます。

IMG_1336-2

IMG_1339-2
なかせさんの笑顔が眩しい!!!!

足柄峠から大雄山駅へのダウンヒルは文字通りのダウンヒル。
本当に登りは一切なくて駅までずっっっと下りの楽ちんルートです。
足柄峠のこちら側は道も綺麗でとても走りやすかったです(*´ω`*)

という訳で下りではあっという間に大雄山の駅へ到着。
なかせさんは自走で帰るよう(超人)なのでここでさよならです。

中々ここまでの方とご一緒する事はないので貴重な機会をいただいてありがとうございました!
そしていつも惚けているコーラさんの凄さを分かっていただけてよかったですw
なかせさんは爽やかナイスガイだったとコーラさんも絶賛していました(*´ω`*)
是非またご一緒してください♪
そして来年はヒルクライムでの優勝を目標にされているとの事なので応援させていただきます!

また、去年と同じように今年も同じルートを付き合っていただいたコーラさんもありがとうございました。
おかげで成長を実感することができました(*´ω`*)
現在、バターさんはゲーマーになっていますが彼が復活したら今度はバターさん連れて行きましょう♪

まとめ

一年前の帰りの写真

一年前の帰りの写真



結果、一年前と比べて明神三国峠を頑張らないで登る事ができました(*´ω`*)
思い返せば東伊豆とかPEAKSとかキツイ経験が生きてくれたのだと思います。

また、今回のルートは、80kmと距離短め2500m登るキツ目のルートですが「絶景」「グルメ」「クソ坂」「緩坂」と楽しい成分が入っているので登りのトレーニングや楽しみながら登りに慣れたい時などには良さそうです。
スタートは大雄山駅ですが松田駅も近いので輪行の人がいるグループライドにも良いかもしれません。
※平地はほぼ無いのと明神三国の下りは本当に危ないので登りに慣れてない方はピストンはやめて道志道から帰るというのもありかもしれません。

オリンピックのルートを通るデスライドなんてのに興味がある人は絶景もグルメもあるのでお勧めです(*´ω`*)

私は次に行くときまでに車を停めておける温泉施設を探そうと目論んでおりますw

コーラさんの豆知識~ナウシカの秘密編~


~ライドを終えた車内の中の会話~


IMG_1343-2


コーラさん「yakiさん!あのyakiさんの写真↑↑↑↑で思い出したのですが」


yaki「ナウシカの写真ですね。」


コーラさん「yakiさんナウシカはパンツ履いてるかノーパンかどっちだと思いますか?」


yaki「え…?」


コーラさん「ナウシカがメーヴェに乗るところでスカートがふわっとめくれて中が見えるんですよ(ΦωΦ)」


yaki「…はい」


コーラさん「どっちだと思います?」


yaki「履いてると思います!」


コーラさん「あれは実はノーパンなんですよ(ΦωΦ)」


yaki「え!?いやいや!腐海の森で丸出しって事はないでしょう!?」


コーラさん「私にはヒップのラインが見えました(ΦωΦ)」




(´-`).。oO(・・・)



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. 通りすがりのセントバーナード より:

    これで来週のPEAKSも大丈夫!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    • yakiそばパン より:

      通りすがりのセントバーナードさん(しんぱちさん)

      来年の間違いですねw
      しかもまだ出ると決めてません!!!

  2. ぶどうぢる より:

    来週のルートは送りませんからね
    感じて!!

  3. コーラ より:

    なんかおいらがドイヒーな人柄になっているような……(ФωФ)

    • yakiそばパン より:

      コーラさん

      そんな事はありませんよ(^ω^)
      ちゃんとなかせさんと渡り合う規格外な感じも出ていると思います!

      そして私は事実しか記事にしていません♪(´ε` )

  4. 謎のパピヨン より:

    こんなのアウター縛りでいけよ(  ’-‘ )ノ)`-‘ )

    • yakiそばパン より:

      謎のパピヨンさん(チコすけさん)

      それはチコすけさんの専売特許じゃないですか(^ω^)

      というか皆さん、コメント欄がツイッターのリプみたいになってるじゃないですかwww

  5. なかせ より:

    お疲れさまでした〜。
    あんなに楽しいライド本当に久しぶりでした。
    こちらこそ、よろしければまた是非お願いします!(*´∇`*)

    あ、側溝ネタ(スケキヨ)、本当はやる気マンマンだったんですよ〜。すみませんでした。
    次回なんかやりますwww

    • yakiそばパン より:

      なかせさん

      こちらこそとても楽しいライドをありがとうございました!
      なかせさんも楽しんでいただけたなら良かったです(*´ω`*)

      そんなリアル超人のなかせさんをドブに入れるなんてできません!ドブに入るのはドブローディの私だけで十分です!

コメントする( ✧Д✧) カッ!!

メールアドレスが公開されることはありません。