ニュートロンウルトラを2ヶ月間乗りまわした感想【インプレ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 40
dsc03820

前回の「バターさん大遅刻、伊東~西伊豆クソ坂発見ライド」を書こうかと思っていましたが、最近伊豆しか行ってなく毎回伊豆の記事というのも色気がないのでちょと違う記事を書いてみようと思います。


知っている方もいますが、私去年の11月に完成車付属の所謂「鉄下駄ホイール」から卒業しております。
色々悩んだ結果私が選んだのはカンパニョーロの「Neutron Ultra」です。
今回は私が何故、ニュートロンウルトラを選んだのか、実際に走って見て感じた事を書いていきたいと思います。
SnapCrab_NoName_2017-2-1_15-53-52_No-00

スポンサーリンク

ニュートロンウルトラの特徴と選んだ理由

dsc04158

まず、ホイールを決めるにあたって自分の走るフィールドやホイールの扱いを考えました。
まず私の場合、グループライドでまったり走る事がほとんどなのであまりレーシーである必要は無さそうです。
また輪行やトランポで遠出する事も多く、荒れた林道等を走る事も多いので、ぶつけたりして傷が付く可能性が大です。
なので最初のホイールでいきなりカーボンリムはちょっとビビッており丈夫なアルミリムで探しておりました。

次に私が好きなフィールドは「山」、今年は4000m程登る乗鞍チャリティライドや、ゆくゆくはピークスにも出たいな~なんて考えていました。
普段のライドも基本的に獲得標高高めの絶景を求めたライドが多いのでなんとなくディープリムは除外、ヒルクライムが得意な軽いホイールが自然と候補にあがります。

アルミリムで軽いホイールと言ってもたくさんあり、カンパニョーロではシャマルミレ・シャマルウルトラ、マヴィックではキシリウムプロSL等があり、最初はこの辺りが候補として上がっておりました。
しかしどのホイールもビビッとくるものがなく決めかねていたのです。

そんな折、知人からニュートロンウルトラの存在を知って調べて「コイツだ!」とビビッと来た訳です。

ニュートロンウルトラの仕様と特徴

  • フロント重量:630g
  • リア重量:840g(Campagnolo)、879g(Shimano)
  • リムの高さ:18mm
  • リムの幅:20.5mm
  • スポーク数:22(フロント)、24(リア)
  • ハブ 互換性:9/10/11
  • ※wiggle参照

  • G3組みじゃない

    カンパのホイールと言うと後輪のスポークがG3組みという独特の組み方になっている印象が強いですが、ニュートロンウルトラはG3組みではありません。
    正直、G3組みにあまり興味の無かった私は「カンパなのにG3じゃない」といういぶし銀?な所にそそられました。


  • スチールスポーク
    実はニュートロンウルトラのスポークはスチールスポークを使用しています。
    先に候補の上がっていたシャマルやキシリウム等の軽いホイールは全てアルミスポークなのです。
    調べてみると要するにクロモリかアルミかの違いで、スチールスポークの方が脚に優しいようなのです。
    このスチールスポークはカーボンリムでは結構あるようなのですがアルミリムでは珍しいようです。

    確かに速くはなりたいのでシャキシャキ動くアルミホイールも気になりますが、私は基本的にライド仲間とのゆるポタで長距離&獲得標高高めのライドがメイン。
    最終目標としてピークスを掲げているような私には脚に優しく疲れにくいホイールの方が結果的に幸せになれる気がしました。

  • ヒルクラに特化したローハイトリムという響き
    ニュートロンウルトラはヒルクライムに寄せて作ったホイールのようで、リムは軽量化の為低く設計されています。
    スポークも多めで空力?なにそれおいしいの?(^q^)
    って感じのホイールですが、個人的に特化した物ってカッコいいと思います。
    それにどれもまぁまぁこなせる優等生タイプよりもきっと1点に特化した物の方が使っていて楽しいと思った事も大きいです。
    なので今後は平地と下りは捨てていく所存でございます。

  • 実はそんなに軽くない
    ヒルクライムに特化しているしローハイトなんだからさぞかし軽いと思ったら大間違い。
    実はそんなに軽くありません。
    特にシマノハブはカンパハブより40g位重くなっているようで、wiggleの情報でも前後で1,509gとまさかの1,500g越え。
    シャマルやキシリウムの方が全然軽いです。
    ただ、色々な方に実際の使用感を聞くと重さは感じないしむしろ特に漕ぎ出しは軽快に感じるとの事。

    実はニュートロンウルトラは全体の重さはそこまで軽い訳ではないのですがリムの重さがとても軽いのだとか。
    リムはホイールと言う回転体の一番外側の部分です。(タイヤは除いて)
    実はこのリムが軽いというのがニュートロンウルトラの軽快さの秘密のようです。

    同じ重さでも棒の先端に重りを付けた場合(リムが重い場合)と根本に付けた場合(リムが軽い場合)にどちらが振り回す初動で力を使うか・・・と考えれば少し分かりやすいですが、回転体の外側に位置するリムが軽い方が回し出す力は少なくて済みそうです。
    ただ、あくまでも楽なのは漕ぎ出しの話で実際の重量が軽い訳ではないので純粋に登坂スピードがあがるかと言われれば、そんな事もない気もします。

  • ニュートロンウルトラを2ヶ月使ってみて

    dsc03900

    さて、実際に使ってみての感想ですが、まず一番最初に感動したことは軽さでも脚への優しさでもなくハブの優秀さでした。
    ちょっと走っただけで(なんなら自転車にホイールを取り付けた時点で)ハブの回転が滑らかなのがすぐに分かり、一漕ぎですすむ距離が明らかに伸びました。

    短いアップダウンなんかではかなり顕著で今までは途中で失速してパワーを使っていたような登りも一気に惰性で登りきってしまう程です。
    これ、すごい気持ちいいです( ´∀`)
    イメージとしては10回漕がなきゃいけなかった場所が5回で済むような感覚です。

    また、いいホイールに変えるとギアが2段軽くなるなんて話を聞きますが、ある程度短い登りでは今までより1~2段は重いギアで行けました。
    しかし、ヤビツ峠のように比較的長くて特にアップダウンもない常に登りの峠では今までとギアはあまり変わらないと思います。
    ギアが何段軽くなったというのはあくまでも慣性を利用できる状況下でなのかなという印象です。

    故に峠のタイムはそんな劇的には変わらないかと思います・・・。(軽くなった分多少は効果あるとは思いますが)

    後はやっぱり漕ぎ出しはすごく軽いです。
    鉄下駄と比べれば当たり前ですが、ストップ&ゴーが連続したりちょっと加速する時なんかは明らかに前より脚を使わなくなりました(*´ω`*)

    平地に関しては、平地を追い込んで走る事がないので詳しい事はわかりませんが、少ない平地経験の中でなんとなく感じた事は軽くなってリムが低くなった分風圧の影響を受けるようで、鉄下駄よりもスピードの伸びはないかもしれません。(漕いだ分しか進まないイメージ)
    ただ、誰かの後ろに入っているときはハブの優秀さが際立ち、漕ぎ出しが軽いので加速にも付いていけて、スピードが出てしまえば優秀なハブが回り続けるので鉄下駄より全然楽でした\(^o^)/
    ほとんど漕がなくてもついていけたのは快感です。

    あとは、これはスチールスポークのおかげなのか私が成長したのか微妙ですが、100km越えや結構登ったライドの後半にも脚が残っていたり、翌日に身体がどっと疲れて背中や腕、首等に感じる疲労感が明らかに軽くなりました。
    以前は獲得標高が2000mを越えてくると最後は惰性で走っていたような感じでしたし、翌日には体の芯が疲れているような感覚がありました。
    それがこのホイールに変えたタイミングでかなり改善したのは多少なりともホイール効果があったんだと思います(#^.^#)

    現にニュートロンウルトラに変えてすぐにコーラさんと90km3000mアップのデスライドに行きましたが、最後に30%の激坂を一気に駆け上がる力も残っていて、疲れた事は疲れましたが明らかに今までよりも疲労感は少なくて済みました。鉄下駄だったら膝とかに異常が出てたかもしれませんw

    実は鉄下駄を履いていた時はデスライドをすると膝が少し痛くなったりする事が多々ありました。
    脚の角度やカント調整など色々やってはいましたが、ニュートロンウルトラにしてから膝が痛くなる事が全くなくなったのはホイールのおかげもあるのかもしれません。
    何気にこれが1番嬉しい事だったりします(*´ω`*)

    ニュートロンウルトラはどんな人にオススメか

    dsc04041

    私の個人的な見解ですが、まず平地主体の人にはまったく合わないと思いますwww
    後はレースで使う事を目的の人も合わないと思います。
    レースで使うには脚に優しいとか気にしないで軽さや反応の高さでアルミスポークのホイールを選ぶか、カーボンリムがいいと思います。

    山岳メインのロングライドをまったり楽しみたいなんて人にはいいんじゃないかなと思います。
    そうでなくても、漕ぎ出しが楽なのでストップ&ゴーが多目のゆるポタなんかにもいいと思います。いつまでも止まらないんじゃないかっていうハブの滑らかさ(鉄下駄と比べてですが)は乗っててとても気持ちよかったです(*´ω`*)
    また、私の膝に痛みが出る事がなくなった事から、膝が痛くなってしまう人や腰が悪い人なんかにも向いているのかなと思います。
    痛くなってしまっては楽しくないですから・・・。

    海外通販を利用すれば5~6万程度なのでホイールの中では比較的リーズナブルです。

    ホイールで悩んでいる人は一つの意見として参考にしてみて下さい\(^o^)/

    ちなみに、既にボラワンが欲しいです(^q^)

    スポンサーリンク
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Evernoteに保存Evernoteに保存

    コメント

    1. コーラ より:

      yakiさんは既にピークス完走出来ると思いますよ♪
      それだけの脚はお持ちかと☆彡

      獲得標高ライドは《のんびりダラダラ》走る癖がついちゃいますので(笑)どこかの峠等で目標タイムがあるようでしたら余りやるのはお勧めしませんです……
      全力で登って稼いでるなら無問題ですけどね♡

      ボラワンは何時でもお声掛け下さいでーすwww

      • yakiそばパン より:

        コーラさん

        いつもコメントありがとうございます( ´∀`)
        ピークスはまずコーラさんのご近所DEピークスを完走してからじゃないとまったくイメージわきませんw

        目標タイムと言えばヤビツですが、追い込むのは平日のローラーで、休日はゆるポタで獲得を稼ぐというようにメリハリ付けていきます(*´ω`*)
        休日のゆるポタを潰してまではしたくないので現状で無理ならさらに平日のローラーを増やして頑張ります(^_^;)

        ボラワンはそのうちお声掛けさせていただきますので、その時はよろしくお願いしますw

    コメントする( ✧Д✧) カッ!!

    メールアドレスが公開されることはありません。