ついに天下の険、箱根をヒルクライム!東海道を駆け上がれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
dsc03757-2



部下A(腐女子)「おはようございます~。yakiさん、昨日はどこか行ってました?あたし日帰りで温泉行ってきたんですよ (*´ω`*)」


yaki「昨日?ああ。箱根と湯河原に行ったよ。」


部下A(腐女子)「えっ!?本当ですか!?あたしも箱根行ってましたよ (゜ロ゜)特にこの季節は温泉ていいですよね~(*´ω`*)」


yaki「いや、温泉には入ってないよ。チャリで行って時間もなかったから。」


部下A(腐女子)「は?」



こんにちわ、yakiそばパンです。
最近巷では私が軽い気持ちでTLにUPしたヤキソバンが思いのほかみなさんの心に刺さったようで私のアイデンティティーが崩壊。
年齢と職業が色々と大変な事(54歳無職)になっていますがみなさんどうお過ごしでしょうか。

snapcrab_noname_2016-11-22_14-36-37_no-00

実は今回、冒頭で上げた部下(腐女子)との会話の通り、先週の23日の祝日に関脇さんの箱根ライドにご一緒させていただきました。
箱根と言えば「天下の険」と称される山であり、まず登りメインという事が容易に想像できます。
また、交通の便もよく都心から近い温泉地という事から観光地としても賑わっております。
今回はそんな箱根を小田原から登り、関脇さんが気になっているおいしいパン屋さんへ寄って芦ノ湖へ、温泉街の湯河原へダウンヒル、そのまま真鶴へ抜けてお昼に港でおいしい海鮮丼を食べて小田原へ戻ってくるというグルポタルートが採用されました。

ちなみに、小田原から芦ノ湖へ自転車で登るルートは二つあります。
一つは東海道を駆け上る箱根駅伝のコース、もう一つは旧東海道を登るコースです。

snapcrab_noname_2016-11-28_13-7-33_no-00

どちらも獲得標高は同じですが、東海道の方が距離が長いです。
と言う事は東海道と比べて旧東海道は必然的に斜度が上がってキツイ峠道になっている事が予想されます。
実際、先日単独で行かれたバターさんも七曲から上で泣きを見たとブログで語っております。

どっちから行くのかな?とみんなと話していると、今回は関脇さんの行きたいパン屋さんの位置関係上、斜度が比較的緩い箱根駅伝と同じ東海道を登って行くことになりました。

スポンサーリンク

ルート分析



こちらが今回のルート。
登りが始まる箱根湯本駅から芦ノ湖までのスペックは約13kmで平均斜度は6%程度と都民の森よりちょっとキツイくてヤビツ峠より楽な位かなという感じです。
ただ、今回の敵はおそらく斜度ではなく交通量。
ご想像の通り箱根という土地柄、休日は非常に混雑します。
特のこの東海道は旧東海道と比べて斜度は優しい代わりに駅伝いに走っている事もあり、お店も多くて非常に混雑し、休日は慢性的な渋滞が発生します。私も何度か車で行った事はありますがここの渋滞には何度も泣かされております。

しかも、道はそんなに広くなく路肩は落葉で埋まっている可能性も大です。大型バス等が渋滞していたら横は通れず、一緒に渋滞に付き合う必要があります。
そんな中を自転車で登ろうというのですからある意味、坂のスペック以上に心の準備をしなければ行けません。

輪行で小田原へ

dsc03593

最初はトランポで行こうと考えていましたが、集合場所の小田原駅は私の家からだと小田急線で一本。乗り換えもなく丁度1時間位で小田原までいけるので輪行に切り替えて出発しました。

dsc03594

dsc03595

乗り換えが無ければ輪行はめちゃくちゃ楽ちんです。
渋滞もないですし、早朝なのでガラガラで遅延の可能性も低いです。
速いし、安いし、寝れるし、でいいところだらけなのです(*´∀`*)

という事であっという間に小田原駅に到着、他の輪行組、トランポ組と合流します。
dsc03596


今回は
関脇さん
はるまきさん
DERO♡RISTさん
がみさん
nak_kさん
Bmaxさん
しんぱちさん
ちまちまさん

そして、私yakiそばパン


の合計9名と中々の人数です。



はるまきさんとDERO♡RISTさんは初めましてですが、ツイッタ―でお世話になっているのであまり緊張せずに自己紹介できました(*´∀`*)
はるまきさんは関脇さんの会社の部下?でDERO♡RISTさんは茶川さんやへるはうんどさんのブログで「爽やか系鬼畜な方」と学習しております。
ちなみに、はるまきさんは都民の森に一度行った事がある位で本格的なヒルクライムはほとんどしたことがないそうです。
フラペでスニーカー(コンバース?)でこれから75km1500mUPの箱根ルートへ挑むという事で「すげえな」の一言です。


yaki「初めまして、yakiそばパンでございます!」


DERO♡RIST「初めまして~」


はるまきさん「はじめまして!」


関脇さん「こいつは~(はるまきさんのなんらかの悪口)ですからw」


はるまきさん「うっせー!デ〇!」



(´-`).。oO(ん?上司?)


そんな二人の愛のある掛け合いを優しく見守っているとふと、nak_kさんのホイールのバルブキャップがサイコロな事に気が付きます。
こんなおしゃれもできるんですね~。

dsc03597


ちなみにがみさんは携帯ツールを持っていないのか忘れたのかわかりませんが、巨大なアーレンキーを持参、シートポストの調整をしていました。
dsc03598


(´-`).。oO(このクソ太い2本は置いてきてよかったのでは・・・。)

あれ!?俺のVOLT400がVOLT1600にグレードアップしてる!

dsc03661

どうやら関脇さんが少しでも軽量化したくて私のVOLT400とコッソリ交換したようです。
ちなみに、VOLT1600、暗闇の峠も走れるという程の明るさを秘めています。
ヘッドライトか!と言うほど明るいようですがなるほど結構デカいです。


関脇さん「軽量化に協力して下さい!」


yaki「いいですけど、これ意味あるんですかw」


「果たして意味があるのだろうか」
という疑問を胸に、ライトだけグレードアップされた私の焼きそばピナレロ号は箱根の登りに向けてスタンバイするのでありました。

天下の険、箱根の登りスタート

dsc03600
ワイワイやっていると楽しくあっという間に時間が経ってしまうので、うさぎさんと亀さんチームに別れて順次スタートしていきます。
デロさんはめっちゃ走れる人という事ですが、風邪真っ最中のため亀さんチームでサポートに回るとの事。

私はnak_kさんやしんぱちさんと共になぜかがみさん率いるうさぎさんチームに所属されました。
まずは第一の目標である関脇さんが行きたがっていた「渡邊ベーカリー」というパン屋さんを目指して登ります。

dsc03602

箱根湯本を過ぎると峠道の雰囲気がグッとまして登りが始まります。
ただ、nak_kさんが良い感じにゆるポタペースで先頭に出てくれている為、のんびりペースで登れてとてもいい感じです\(^o^)/
dsc03604

先に進んで行くとご覧の通り、路肩は落葉でいっぱいになってくるので注意が必要です。
石や落下物が隠れている事があるのでなるべく落葉の上は通らないように、でも車に気を遣いながら進んでいきます。

dsc03611

淡々と登ってきてふと前を見るとガソリンスタンドが見えます。
dsc03617
この先の宮ノ下の駅を境に一気にお店が増えてたら渡邊ベーカリーが近い合図です。
ローソンを過ぎて宮ノ下の信号を左折したら渡邊ベーカリーに到着です。

第一の悲劇

dsc03612


ついたーーーーー!!!!!!





dsc03613


!!!????





dsc03615


!!!!!!!





テラ閉まってるwwww



~回想~


関脇さん「あそこ、一度行ってみたいんですよ(*´∀`*)」


~回想終わり~





後ろからこれを楽しみに頑張って登ってくる関脇さんの顔が浮かびます。
何も知らない彼らにこの事実を伝えねばと来た道をUターン、亀さんチームの元へ急ぎます。

しかも時間は9時位だと思うのですが、既に渋滞が発生。
渋滞を横目に関脇さんの元へ下って行きます。

dsc03618


yaki「関脇さ~ん!大変です!渡邊ベーカリー定休日ですwwww」


関脇さん「いや~、やっちゃいました(›´ω`‹ )」


dsc03619

おいしいパンを食べれないのは残念ですがちょっと戻れば違うパン屋がありましたのでそこでお茶を濁す事も可能です。
どうしようかと考えていると、ちまちまさん曰くこの先にすぐセブンがあるとの事。

それならば・・・と一同先へ進みます。

dsc03621

途中の広いカーブで記念撮影しながら楽しく登っていきます(*´∀`*)

dsc03623

dsc03626

dsc03629

関脇さんの周りでこのポーズ流行ってるんですかw
dsc03630

dsc03631

dsc03633

確かにお昼にはおいしい海鮮丼もありますし、無理にパンを食べる必要もないのでそれならば自転車も止めやすくて休憩もしやすいコンビニ目指して先へ進むというのは正しい判断でしょう。


本当にすぐセブンが出てくるなら


dsc03636

踏切で止まって電車を撮影しながらおかしい事に気付きます。
どういう訳か、登っても登ってもセブンがいっこうに出て来ないうえに斜度が安定して10%位を指しています。

しかもすぐセブンに着けると思って、記念撮影した後に最後尾からしんぱちさんとはるまきさんの前でカッコつけて加速して脚を無駄に使っております。

結局、2~3kmは登ったんじゃないでしょうか・・・。
今までで一番キツかったんじゃないかという斜度をカッコつけて加速した手前、緩めて落ちていく訳にもいかずゼーハーゼーハーしながら駆け上がり、ようやく目的のセブンに到着しました。

ローディのすぐそこは全然すぐそこじゃない事を再認識した瞬間でした(›´ω`‹ )

dsc03641


お初のはるまきさんの愛車をパシャリ
dsc03640
アンカーの自転車でホワイトとピンクで統一されてる女の子らしくてかわいらしくて、はるまきさんにピッタリです (*´∀`*)

そしてデロさんの愛車もパシャリ
dsc03638


こ・・・これは、コーラさんと同じチタニオでは・・・。


やっぱりめちゃくちゃカッコいい!
そしてホイールは手組!ハブは何やら金色のハブが付いています。
渋い拘りのバイクの中にちょこっと見せてるハートのかわいらしいリアライトもナイスです(*´∀`*)
コーラさんのシルバーハブもカッコいいですが、ゴールドのハブもカッコいいです(*´ω`)
dsc03639

私が涎を垂らしてチタニオを見ているとポコンポコン音が聞こえます。
振り返ると、はるまきさん、デロさん、関脇さんが何故か腹鼓をしています。

どうやら「どうだ!俺の腹はいい音だろ!!!」「俺もすごいだろ!!!」とはるまきさんに自慢?しているようです。
dsc03642

dsc03643



なにやってるのこの人達www

関脇さん「はるまき!yakiさんはメタボじゃないから大丈夫だよ!ほら!」


yaki「大丈夫って何が!?ポコンポコン(腹を叩きながら)」


はるまきさん「ほんとだ!」


関脇さん「でもね、yakiさんはリア充だから(悪い顔)」


はるまきさん「あ~(´・ω・`)」


yaki「休日は嫁サービスか1日自転車乗ってるので、皆さんとやってる事は一緒じゃないですかwww」


はるまきさん「私はyakiさんのブログに奥さんが登場しても閉じたりしませんからね!」


関脇さん「私は”嫁”系のワードが出てくるたびに憎しみを込めてページを閉じています(真顔)」


yaki「前にも言いましたが、閉じないで下さいw」


関脇さんの”嫁とイチャイチャしやがって”というどす黒いオーラを横目にはるまきさんを見ると、なんとはるまきさんも私の焼きそばパンのような食品サンプル的な物をぶら下げている事が発覚!
記念にお揃いで写真を撮ってもらいます(*´∀`*)

dsc03644

はるまきさんて、ストレートに食べ物の「春巻き」だったのですねw


しんぱちさん「この辺は車が多いから気を付けて!ペースは無理せず間隔をあけるようにね(・`ω´・)キッ」


一同「はい!」


デロさん「あれ?今日はやけに強気だね?(スマイル)」

しんぱちさん「!!!! いえ!なんでもありません!」

(´-`).。oO(しんぱちさんの天敵を見つけたかも・・・。)

と、セブンの脇で腹鼓大会と雑談をしていたら30分以上経過(←!?)

海鮮丼の店へ11:30に到着するつもりでいましたが気付いたら既に厳しい感じに。
やや慌ててセブンを出発しますが、まあしかしなるようにしかなりません!
みなさん良い人なので誰かが無理をしないようにペースを合わせてまったり進んで行きます。


私とがみさんは、一足お先に東海道の最高地点でパシャリ
dsc03645


とりあえず芦ノ湖まで下ったら登りかえして、後続の応援に行こうとがみさんと芦ノ湖目指して下っていると。


yaki「スト―――――ップ!!!」


がみさん「これどっちですかね?」


yaki「ガーミンのナビ見てみます。」


yaki「あ!」


がみさん「え?」

dsc03662

yaki「関脇さんの取り付けたVOLT1600がデカくて邪魔でガーミンの画面切り替えのボタンが押せないwwww」

関脇さんの無意識の妨害によりルートの確認ができませんがなんとかフィーリングで湖畔に到着。
後のお迎えにすぐに登り返します。

dsc03650

正直、この時点でヒルクライムの経験が少なくてフラペのはるまきさんにはキツそうで、休憩を挟みながら来てるだろうからのんびり迎えに行こうとがみさんと向かっていました。


dsc03647

ところが、登り返してからすぐにnak_kさん、Bmaxさん、しんぱちさんとすれ違った直後にはるまきさんはデロさんと楽しそうに下ってきてるじゃないですか。


はやっ!!!!

次にちまちまさんを発見しますが関脇さんが来ません。
ちまちまさん曰く、


東海道最高地点の場所で5分位待ってたんだけど来ないからきちゃった(*´ω`)☆てへぺろ


との事。

取りあえずがみさんと頂上付近まで戻って待ってみる事に。
ところがここでがみさんが謎の加速。
すかさず後ろに着く私。


yaki「ふっ。そんな加速で俺を引き離せると思ったか?ニヤリ」


がみさん「ガシャガシャ(また加速)」


yaki「お・・・。ま・・・まだまだこんなもんjy」


がみさん「グワッ!(ダンシングで更に加速)」


yaki「ぴゃああああああwwwwごめんなさ~い、がみさんごめんなさ~いwwww」



ぴきっ(左ひざのスジがピキる)


yaki「!!!!!!!」

そして素直に千切れる私


がみさん「はい、無駄に脚使って疲れた(υ´Д`)」


yaki「更に加速して逃げるなんて聞いてないです(›´ω`‹ )」

う~ん。がみさんのスタミナはどうなっているのだろう。
などと答えの出ない謎を考えていると、ある程度のところまで登り返してこれたようなので停車して関脇さんを待ちます。

関脇さんはさっきのセブンでサドルを変えて調子が悪いという事を言っていたので少し心配しながら待っていると・・・。

遠くからこんな感じでカッコつけながら関脇さんが登場。

※イメージです

※イメージです



がみさん・yaki「なんであの人カッコつけてんだwwwwはよこいwww」


どうやら、サドルのポジションがうまく合っていない上に今日の関脇さんはフラペ&大きなリュックを背負っています。
そのせいで登りは結構キツイようで、部下のはずのはるまきさんにも見捨てられていたという訳です。

なるほど・・・。それで登りに入る前に軽量化に協力して下さい!と私のVOLT400とご自分のVOLT1600を交換したのですね。
何gの軽量化になっているのかわかりませんが・・・。


色々と言いたいことはありますが、取りあえずは無事に登ってきてくれたのでチャラにして先を急ぎます。
芦ノ湖へ気持ちいいダウンヒルで湖畔へ向かいます。

dsc03646

芦ノ湖ついたーーーー!!!!!

dsc03651

dsc03652

湖畔のコンビニに到着しますがみんながいないので、あれ~?みんなは船着き場かな~?とキョロキョロしながらバイクを置いていると関脇さんが何やらもじもじしながら話かけてきます。


dsc03648

関脇さん「yakiさんyakiさん」


yaki「ん?どうしました?」


関脇さん「いや~、実はすごい恥ずかしい事をしてしまいまして・・・(もじもじ)」


(´-`).。oO(なんだなんだ、何したんだ・・・。)


yaki「ど・・・どうしたんですか?」


関脇さん「実はあの頂上の辺りでyakiさんみたいな黒いジャージの人がデジカメを持って止まっていたんですよ。」


yaki「ほう。」


関脇さん「で、yakiさんがいるな~と思ってですね(もじもじ)」


yaki「まさか・・・。」


関脇さん「思いっきりこうやって、ポーズしながら近づいていったんですよ。」

dsc03649

yaki「・・・・。」


関脇さん「で、近くまで来たら全然違う人じゃないですか。」


関脇さん「もうどうしていいかわからず、穴があったら入りたいですw」


yaki「なにwwwwしてるんですかwwwwww」


がみさん「その人の事を想像するとお腹痛いwwww」


きっとその人は登頂した景色を撮ろうとしたのでしょう。
そして取りあえず前から来るローディ(関脇さん)がいなくなったら記念に一枚撮ろうと構えていたのかもしれません。
ところがそのローディは通り過ぎるどころか何やらポーズをしながら近づいてくるじゃないですか。

おい!邪魔だよ!なんだこいつ。と思っている見知らぬ人。
ヤベ!知らない人だ!と気付きつつも変なポーズのまま通り過ぎる関脇さん。



だめだ、お腹いたいwwwww



関脇さんのカミングアウトを聞いてお腹が痛い私とがみさんですが、しばらくすると皆さんもセブンへ合流。
今すぐみんなに言いふらしたかったのですが関脇さんからの「今言うなよ?」という無言のプレッシャーに負けて黙っていました。

するとここで関脇さんがはるまきさんに

dsc03648


関脇さん「おい、はるまき!上司をヒルクラで置いて行ったからお前の給料無し!!」

一同「関脇さんそれはwwww」


はるまきさん「うっせーーー!」


(´-`).。oO(関脇さん・・・本当に上司?)



しかししかし、ここからちょっと登ったら長いダウンヒルになるのと標高が上がって気温が落ちて来たところで関脇さんがリュックから色々と小物を出してきました。
なんか大きい荷物もってるな~とは思っていましたがなんとはるまきさんが寒くないようにシューズカバーなんかを常備していたようです。

dsc03654

なんだかんだで良い上司なんだな~。と部下を想う関脇さんの優しさに触れた瞬間でした。

dsc03656

dsc03658


関脇さん「俺が上司!お前が部下!だからお前は給料なし!!」


はるまきさん「関脇のホイールパクって売って収入にするからいーもん!!!」




あ。やっぱさっきの無しで。



軽く休憩したらこのまま大観山を登って湯河原まで下るようです。
ここでnak_kさんが時間を気にかけていただき、ここから海鮮丼のお店に11:30到着は厳しいからもしかしたら他のお店に変更になるかも・・・との事。人気店なので朝一でいかないとかなり並ぶことになってしまうのだとか。
いざとなったら並ぶか他を探しましょう!と、最後の登りへ出発します。

dsc03663

ただ、登るのはあと標高で250m程、今ままでの行程からしたらおまけのような物でクリアしたも同然です。
まったりペースで大観山の頂上へ向けてクランクを回します。
ここから先は斜度は緩く、景色が綺麗でゆっくり楽しく登れます\(^o^)/

dsc03667

dsc03670

dsc03669

景色を見て写真を撮りながらのんびり登っていると頂上に到着!
各々写真を撮りつつ、みんなで記念撮影をします。

dsc03671

ハイ!チーズ!
dsc03689

dsc03674

dsc03681

dsc03683

dsc03686

dsc03678



はるまきさん「デロさん身体柔らかい?」


デロさん「見せてあげよう。私の実力を。」


デロさん「ふん!!!(変わってない)」
dsc03693


一同「何このシュールな画wwwwww」


はるまきさん「次は脚開いて!引っ張るよ~!はい、いっちに~」


デロさん「ふんっ!!!!!(変わってない)」
dsc03694


シュール過ぎますwwwww


2人のシュールなやりとりを見ていると、山の案内板がある事に気付きます。
しんぱちさんがあの三国山ってのが三国峠でその裏に富士山が見えるんじゃないかなと教えてくれますが雲が多めで富士山は皆無です。
三国峠はコーラさんとバターさんと一緒にデスライドで行った場所か~キツかったけど楽しかったな~と眺めながら思い出に浸ります。
dsc03692


双眼鏡にカメラを近づけて芦ノ湖の望遠撮影に成功
dsc03691


ある程度キャッキャウフフしたら長いダウンヒルの始まりです。
ここから一気に標高差1000mのずっと下りのダウンヒルです。

クッソ寒いですが下り始めてすぐにこっち側は紅葉も景色がめちゃくちゃ綺麗な事に気付きます。


dsc03705

dsc03697


路面は綺麗で車も少ないのでここは走っていて非常に気持ちいいです。
しかも、海まで一気にダウンヒルなのでチラチラと見える湯河原の温泉街の街並みと海の絶景がたまりません(*´д`*)ハァハァ

dsc03708

dsc03711

dsc03715

暫く気持ち良く下っていると開けた見晴らしの良い公園のようなところでピットイン。
はるまきさんはダウンヒルが苦手でずっと下りが続くと握力が無くなってしまうようです。
私も集中力をずっと使うダウンヒルは苦手なので、この休憩は助かりました(*^_^*)

dsc03721

dsc03722

dsc03724

ちょっと横をみると海と湯河原の街、紅葉の絶景が広がっております。
dsc03735

dsc03736

dsc03737

景色を見ているとデロさんの自転車コントロールの話へ。
なんでも、脚をクリートに付けたままその場に留まるスタンディングスティルができるとの事。
dsc03726


すげーーーーーー!!!!!


こういう事のできる人がいるのは知っていますが近くでまじまじと見るとちょっと感動です。


関脇さん「私もやってみます。」


yaki「え・・・。関脇さん、コケないで下さいね(心配)」


dsc03730


関脇さん「よっ!!!」

dsc03727


yaki「おお!!!」


関脇さん「ほっ!!!」

ぐらぐら

dsc03728


yaki「おおお?」


関脇さん「はっ!!!」

ぐらぐらぐら

dsc03729

何気にすごいけど、デロさんと並んでるとデロさんの安定感に目がいっちゃいますwwww

でも、関脇さん、揺れながらもバランスとっていてもう少し練習したらできそうな気配を感じました。

ちなみに私もやって見ましたが2秒でやめたのは言うまでもありません。


デロさんのスーパーテクニックを見たら湯河原まで一気にダウンヒルです!
途中、良い感じの苔の壁とイチョウがあったのでパシャリ

dsc03740

dsc03746

暫く下っていると急に建物が増えて温泉街の雰囲気になります。

dsc03748

dsc03749

源泉を引いているところによく立っている鉄塔のようなものや排水溝から温泉?の湯気が出ているのを見ると温泉街だな~と思います。
ていうか死ぬほど寒くて温泉に入りたいです(T_T)

dsc03750

dsc03751

そのまま下っていると温泉街のコンビニ雑貨屋さん的なところでみなさんが休憩していましたのでピットイン。
震えながら店内でイチゴ大福とホットコーヒーを買って暖をとります。
dsc03752

と、ここで事件発生。
後ろから来るはずの関脇さんとはるまきさんが長い事降りてきません。

どうやら途中で道を間違えてしまったようで、別ルートで湯河原駅まで下ってしまっているようです。
とりあえず連絡は取れてルートへは復帰できてるようなので、こちらも湯河原駅へ進みます。

湯河原から目的の海鮮丼のお店へはすぐ近く、海沿いに出たと思ったら港のようなところを自転車で走り抜けます。

第二の悲劇

dsc03753

そしてついに到着!!腹減った-ーー!!!


dsc03754


あれ?みなさん、携帯みてどうしました?お店混んでて待ちですかね?全然待ちますよ(*´∀`*)






dsc03755




!!!!????







dsc03756




!!!!!!!!(今日水曜日)









yaki「関脇さん関脇さん!!!事件です!大変です!!!」


yaki「あっ!!!!!!!」

dsc03757-2

関脇さん「」


yaki「関脇さ~~~~ん!!!!しっかり!お気を確かにwwww」


関脇さん「」


ちまちまさん「どっこいしょ・・・」


yaki「あ!ちまちまさん何横になってるんですかwww」


ちまちまさん「撮らないで撮らないでwww」


dsc03760

なんと第二の目的地も定休日と言うオチ。
ブログ的には100点満点ですが時刻も2時頃なので他の店を探さねばなりません。

dsc03763

お店は休みですが港の風景は最高、お店を探しながらちょっと休憩しているとなんかおかしな角度の坂道が見えます。
dsc03761

がみさんがちょっと登ってみましたが、このままず~~っと続いていて終わりが見えない上に道も狭くて落葉だらけで危ないので引き返してきたとの事です。
一体この上に何があるのでしょう・・・・。

そして、あちらにもしんぱちさんが魅力的な坂道を見つけてチャレンジしています。


yaki「しんぱちさんお願いします!(意訳:どこにも怪我やトラブルの無い程度に立ちごけして下さい)」


しんぱちさん「よっしゃ!」


dsc03767

yaki「お!いった!」

dsc03768

ふらふら

一同「あ~!!危ない!」

dsc03769

一同「あ~、残念!足着いちゃいましたねw」

dsc03770

yaki「でも画的にはかなり理想の展開を撮れましたw」

ちなみに、この後デロさんが少し勢い付けてチャレンジしたら一発で成功。さすがの一言です!

dsc03772

dsc03758

そうこうしていると近くに空いてるお店を発見!電話で確認してみますが9名入れるとの事で気持ちを切り替えてお店に向かいます。

dsc03773

お店へはあっという間に到着。
真鶴駅の目の前にある「福浦屋食堂」さんにお邪魔します。
dsc03774

dsc03776

関脇さんがトイレに行っている間に関脇さんのスマホに全員の変顔を一枚ずつ撮影&保存をしてデータを圧迫するという嫌がらせを敢行しつつ定食をいただきます。
真鶴にあるだけあって海鮮系がおいしいく、特にまぐろがおいしかったです(^q^)
dsc03778

御飯を食べてお腹いっぱいになったところで小田原を目指します。
ここからは海沿いの135号がメイン道路ですが、この道路は大型トラックや車が引っ切り無しに走っています。
想像しただけでげんなりするのでここでツイッタ―でもお世話になっているHAOさんのブログに書いてあった一本奥の740号を通る事にします。
740号はアップダウンはありますが車の通りは少なく、起伏もあるので海を見下ろせて景色も抜群です(*´∀`*)

dsc03786

ちなみにここで初めてはるまきさんの後ろを本格的に走ったのですが、登りでも減速しないでみんなと同じペースに着いてきます。
しかも推定ケイデンス100以上でくるくるくるくるくるシャカシャカシャカシャカと小野田坂道ばりに回して駆け上がって行きます(フラペで)。
もう1000m以上登った後なんでそれなりに疲れているはずなんですがみんなのペースにハイケイデンスで着いてくる様に言葉では説明のできないセンスの壁を感じました(゚A゚;)

ただ、握力がなくて手が疲れているようで後ろから見ていると手をぷるぷる振ったりしています。
それを見たデロさんがそっと先頭を引いてる関脇さんの横まで加速、休憩を提案して休憩というスーパー紳士な対応に男ですが惚れそうになりました┏(^o ^┏)┓

この人になら娘を嫁にやれると思いました(娘いませんが)。

dsc03784

dsc03785

小田原駅も近くなってきたところではるまきさんに「疲れましたか?」と聞くと「疲れました・・・。特に手が(;´Д`)」との事。
うちの嫁もそうでしたが、女性の場合は長いダウンヒル等があると男性よりも握力が弱い分手に疲れが来るのかもしれません。
脚は回るので休憩はまだいいかな?と先へ進みがちですが握力が疲れているとブレーキやハンドル操作に支障をきたして落車に繋がるかもしれません。
なので、本人がまだ大丈夫!と言ってもその人の様子を見て手やどこか疲れているようならデロさんのようにこちらで休憩の判断をしてあげるというのはとても大切な事なんだなぁと勉強になりました。

ちなみにお初のデロさんはニコニコしていてとても優しい方で全然「鬼畜」ではありませんでした(*´∀`*)
風邪を引いてたからかもしれませんが・・・。

dsc03788

ちょろっと走ったら小田原駅に到着!

箱根(東海道)は予想通り車が多くてややストレスを感じます。
ただ、斜度的にはキツイ個所は少なくゆるゆる登れるのは良いところです。
また、大観山からの下りから湯河原の温泉街にかけては車も少なくて景色も良くて最高でした。
次行くときは少しキツイようですが車が少ないと言う旧東海道からかな~。という感じです(*^_^*)

改めて振り返ってみると関脇さんの食べたかったパンと海鮮丼は何一つ食べれずwww
というミラクルはありましたが、みんな無事に楽しく帰ってこれましたし、何よりとても楽しかったです♪
みなさん、いつもとても楽しいライドをありがとうございます!
みなと食堂、リベンジしましょう!またご一緒して下さい\(^o^)/

もし!!!


もし!このブログを見ている方で、東海道の頂上でポーズしている関脇さんを見られた方がいらっしゃいましたら。
決しておちょくっていた訳ではなく、私と間違ってしまったという、言わば事故でございます。許してあげてくださいm(__)m

かつ万が一、写真を撮られていた際は是非ご連絡を!\(^o^)/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. masa より:

    yakiさん、初めまして(^^♪
    ブログ、楽しく読ませて頂いております。ガチでおもろいです。因みにインスタでyakiさんを発見しましたので、勝手にフォローさせていただきました。私は、ぼっちライドが多かったのですが、yakiさんのブログを拝見してから、最近は、グループライドに参加しております。でも、坂道が苦手でメンバーに迷惑をかけているのでは、心配しております。グループライドは、楽しいですね!yakiさんのブログのおかげです。また、次のブログ楽しみに待ってます。追伸、yakiさんのミッキーは、自分で書いたのですか?なんか、シュールな感じがたまらなく好きです。思わず画像保存してしまいました。すいません(;´・ω・)

    • yakiそばパン より:

      masaさん

      初めまして!私のブログで楽しんでいただけてると聞くととても嬉しいです(*^_^*)
      インスタでフォローしていただいた方ですね!あちらは完全に放置しており申し訳ありませんw

      私も最初はぼっちライドでしたがグループライドって楽しいですよね。
      1人で走るのも嫌いではありませんが、やはり誰かがいた方が絶対楽しいです(*´∀`*)
      この楽しさが伝わり、masaさんの自転車ライフに少しでもいい影響を与えられたなら嬉しい限りでございます。
      坂道は登れば登るだけ苦手意識がなくなっていくイメージです(速くなるのは別ですがwww)。それにグループライドで遅い方がいても迷惑なんて思っている人はいないはずですよ♪
      また遊びに来てください\(^o^)/

      PS:ミッキーはパソコンのペイントでマウスで描きましたwww保存wwwwww
      どうぞ、ご自由にしてくださって結構ですw 
      他にもドナルド、ミニーとありますので、おいおいツイッタ―に上げる事があるかも・・・しれません・・・。

      • 匿名 より:

        yakiさん、コメントありがとうございます。お言葉に甘えてyaki画伯のミッキーですが、インスタのプロフィール写真に活用させていただきます。\(^o^)/

コメントする( ✧Д✧) カッ!!

メールアドレスが公開されることはありません。