世にも奇妙な物語/特別編「ゆるポタ」~輪たろうさん&雑兵ライド~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
DSC02684

♪~♪~♪♪♪~♪~♪~♪♪♪←あの音楽



(タモリが歩きながら語る)



世の中には「ゆるい」を使った言い回しが多くあります。


例えば「ゆるふわ」、「ゆるキャラ」、そして「ゆるポタ」。


しかし、もしあなたの思っている「ゆるい」と世間の思っている「ゆるい」に隔たりがあったとしたら・・・。


今回は、そんな奇妙な世界に迷い込んでしまった、一人の男の話です。


(タモリが通り過ぎるスタイリストに声を掛ける)

タモリ「あ。ちょっとちょっと、このズボン少しキツいのですが・・・。」


スタイリスト「いえ、それ位ならむしろゆるい位ですよ。」


タモリ「・・・」





~ゆるポタ~



DSC02651

スポンサーリンク

相模原パンパティに集合

今日は「相模原のゆるポタライダー」こと、輪たろうさんが主催していただいたゆるポタライドに参加させていただきました!
お盆の15日、16日の予定が空いていたので普段火曜日休みの輪たろうさん等に声かけようかな~と思っていたところ、丁度みつ隊長も輪たろうさんに声をかけていてご一緒させていただく事に。

そして最終的なこの日のメンバーは

・輪たろうさん
・みつさん(雑兵の隊長)
・ななみんさん
・カゼトバさん
・ヒロさん(友田さん)
・YOHEIさん
・Izaさん
・食い道楽コーラさん
・TAMATOMOさん
・yakiそばパン

の10名が相模原のパンパティに集結しました。

DSC02652

なんか、俺以外全員走れる人じゃないか・・・。
と、震えながらもとりあえずおいしそうなソーセージの挟まってるフランクフルト的なパンとオレンジジュースを購入してテーブルに戻ると。


ななみんさん「!!!」


ななみんさん「あれ?焼きそばパンは?」


yakiそばパン「えっ!?いや、あの・・・その・・・。」


一同「じー・・・(´・ω・`)」


yakiそばパン「う・・・売ってなかったですよね!?」


輪たろうさん「焼きそばパンもありましたよ(^ω^)」


みつ隊長「yakiそばパンさんは、明日からソーセージパンさんに改名だね!ガハハハ!!!」


コーラさん「隊長命令じゃあ、仕方ないですねぇ(//∇//)」


yakiそばパン「」


みつ隊長「あの、ソーセージパンさんは~」


yakiそばパン「もう、変わってるwww」

私がみつ隊長の中で、完璧に「ソーセージパンさん」になったところでボチボチ出発です。

ちなみに輪たろうさん、ネット上ではゆるポタ詐欺師とか言われてますが、ちゃんとみんながゆるポタで走るようにルールを掲げていました。


ルール1・雑兵ジャージ禁止(理由:あのジャージ着ると速く走らなきゃいけないから)


ルール2・ガーミンの表示禁止(理由:雑兵さんが思わずトレーニング開始するから)


このように、ガチライドにならないように厳重な警戒態勢の中今回のライドはスタートいたしました。
ガーミンは時間か距離のみの表示にして出発です。

よし!行こう!!!


5秒後


バシューーーーーッ!!!!!


一同「!!!????」


TAMATOMOさん「(゚Д゚;≡;゚д゚);」
DSC02653

なんと、開始5秒でTAMATOMOさんパンクです。
ブロガーが多いからって仕込んでいたのか?とも思わせる神がかったタイミングでした。
状況としてはザックリいったカットパンク。タイヤブートでなんとかなりそうな気もしますが、ここでトランポで来ていたヒロさんが「車に変えのタイヤありますよ!」の一言。

チーム雑兵のサポート力を垣間見れた瞬間でした。


みつ隊長「ね!?やっぱり持つべきものは仲間ですよ!(但し、金持ちで言う事聞いて何かくれるやつ)ガハハハ!!!」


輪たろうさん「雑兵の福利厚生が半端ないwww」


そしてTAMATOMOさんはみんなにパシャパシャ写真撮られたり、見られながらの公開タイヤ交換。

DSC02654

みんなに見られて緊張するとおっしゃっていましたが慣れた手つきで修理完了!
そしてなんと、車にフロアポンプまで持参していたヒロさんのポンプを借りてタイヤを完全復活させて先へ進みます。

ちなみに、今回どんなルートを通るのかまったくわからない状態で取りあえず輪たろうさんについて行くと言う感じ。
実はこの日新潟から帰ってきてその足で参加している私にとって下調べ等できてなく、いったいいくつ峠や坂道が出てくるのかまったくの謎というスリルに満ちあふれたライドだったのです。

とりあえず、城山湖を通って津久井湖の方へいくという情報を聞いて住宅街の国道を走ります。

DSC02656

途中、私のライド中の必殺撮影術である「後ろ側ノールック撮影」を敢行(背中側のカメラをそのまま後ろに向けてピントも何も見ずに角度のみを考慮して適当にシャッターを押す。最近の成功率は80%)。

DSC02658

「ハイ!チーズ!」と言う声も聞こえるはずもなく無言で私のさじ加減でシャッターを切っているのにタイミングバッチリでポーズを決めてくるみつ隊長、さすがです。

DSC02659

ほどなくして国道は田舎道になり車通りも激減。
さすがここら辺を走り尽くしてる輪たろうさん、自転車でとても走り安い道になります。

交通量も減ったので「後ろ側ノールック撮影」が捗ります。
すると後にいるコーラさんとみつ隊長から


「それ、ちゃんと撮れてんの?」


「いつシャッター切ってるんだかまったくわからないんだけどwww」


と、疑問を投げかけられますがこれこの通り。
バッチリ写っていました!

DSC02660

DSC02661

しかし、シャッタータイミングはわからないはずなのにみつ隊長は常にバッチリポーズを決めれてるのが相変わらず謎です。
そんな事をしていると更に街中から離れてきます。

DSC02664

DSC02665

今回のライドのポイントはルートがさっぱり分からない事。
宮ケ瀬付近は良くいくので多少わかるのですが、津久井湖の方等の土地感は皆無。
ここから先にどんな峠や坂が出てくるのかわからないので力を温存しておこうとは思うのですが、千切れたら迷子になってしまうので自然とクランクに力が入ります。

そしていよいよ周りは結構山の中という感じになってきてアップダウンもキツクなってきます。
ゆるポタではありますが、登りでのみなさんの速さより私の方が少し遅いようで、俺的ゆるポタだと少しずつ離れていくので少しだけ頑張って食いついていきます。
しかしまだ始まったばかり!寝不足という事もありますがまだついていけます。
そしてなんか山道をウネウネしてたら綺麗な橋に出たのでその上で休憩タイムです\(^o^)/

DSC02666

DSC02668

DSC02669

橋の上でたっぷりと休憩をして再スタート。
ここまでのところ、全体的にスピードも控えめ、コースも比較的キツクなく、ゆるポタの秩序は守られています。
そして次はハチミツたい焼きのお店に行くと言う事。
ご褒美をぶら下げられてテンションも自然と上がります。


yakiそばパン「誰だ!輪たろうさんの事を詐欺師なんていったのは!ゆるポタの鏡じゃないか。」


DSC02671

DSC02675

確かこの辺でTAMATOMOさんとお別れしました。
短い間でしたがパンクという最高のネタをありがとうございまいたwww

そして、完全に油断しきった私がまったりとした林道を走っていると後のみつ隊長とコーラさんが。


コーラさん「いかないんですか?」


みつ隊長「いや~、あとどれ位でピークなのかわからないと行く気にならないよねw」


(´-`).。oO(なるほど!道がわからないと雑兵はアタック合戦をしないのか!)


コーラさん「YOHEIさんがさっきからチラチラこっちを気にしてるんですよねw」


YOHEIさん「チラッチラッ」


(´-`).。oO(YOHEIさんやべえな・・・。)

なんてやりとりがあったりなかったりしていると・・・。


輪たろうさん「この先、道なりにプレジャーフォレストがあるので(^ω^)」


一同「???」


輪たろうさん「千切れてもそこで待っているのでそのまま来てください(^ω^)」


一同「!!!!」


言葉の意味を理解した瞬間、みんなが一斉に加速。
私の後ろにいたコーラさんはダンシングで一気に先頭へ。


yakiそばパン「(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?」

雑兵でもなく初参加のIzaさんが頼みの綱でしたが普通にみんなに付いて行ってます。

状況を理解したところで、発射する力なんてないので即座に千切れる俺。

DSC02678

DSC02676

気付いたらハチミツたい焼きのお店に到着していました。


(´-`).。oO(おかしい…。さっきのは何だ。ま…まぁ、ゆるポタの中にもアタック合戦なんてあった方が楽しいしな。メリハリだメリハリ!さすが輪たろうさんだよ!ゆるポタの鏡だよ!)


DSC02680

DSC02681

こちらでも、たい焼きとアイスを補給してたっぷりと休憩。
今のところライド時間=休憩時間位のゆるポタになっています。

次の目的地は宮ケ瀬のSTUMP。ここは茶川探検隊(仮)でも行った事あるお店です。

ただ、ここからがヤバかった・・・。
皆さんゆるポタの強度では満足できなかったのかアタックしたくてウズウズしていたようです。
見晴らしのいい一本道ではすごい速さでみつ隊長が消えて行きます。
こちらも普通に走っているのでそれなりに速度は出ているはずなのですが・・・。


DSC02684

そして長そうな登りが見えると最後尾からコーラさんがロングアタック(コーラさん風邪引いてるはずなんですけど)。
一瞬で先頭へ行き、それに反応するYOHEIさん等と消えて行きます。

必然的に私の一人旅になりますが、道も険しくなっていて、私としてはアタックどころではなく鉄の心で自分のペースを守ります。

そしてここで信じられない事に気付きます。

DSC02704

ふと、YOHEIさんの足元を見るとなんとアウター。
なんかダンシングでグイグイ登るな~とは思ってはいましたが、雑兵さんはどうなっているのでしょう。
ゆるポタの中、一人だけトレーニングしています。

DSC02685

DSC02686

DSC02688

DSC02687

DSC02689


坂の度に遅れては追いつき、遅れては追いつきを繰り返してやっとこさ道志ダムへ。
宮ケ瀬ダムに比べたら小さ目ですが、周りの雰囲気は山深くてとてもいい感じの癒し系ダムです。

DSC02697

ダムで休憩をして先へ進むとさらにみんなの速度は上がります。
気付くと前にはななみんさん。


yakiそばパン「皆さん速いですね。ゼエゼエ…(´Д`)」


ななみんさん「腰がヤバいから今日は無理せずに行きます~。」


DSC02691


ななみんさんの無理しない速度>俺の速度

という方程式の元、当然こうなる。

DSC02694

DSC02696

なんとかみんなのいるコンビニへ合流。
天気予報では午後から雨だったのですが、思い切り太陽が出ています。
暑くて暑くて、川にでも入りたいですがびしょ濡れになるとSTUMPに入れなくなるのでグッと我慢。


yakiそばパン「あ・・・あ・・・脚がががが。」


輪たろうさん「みなさん、物足りなくないですか?こんなゆるポタで大丈夫ですか?」


一同「ゆるポタ最高!このゆるさ、いい感じです♪」


yakiそばパン「」


ええ、本当はわかっていました。
途中からひしひしと感じてはいましたが、あまり考えないようにしていたんです。

みんなのゆるポタ強度が私にとっては全然ゆるポタじゃない事に。

私はヒーヒー言っている道でもみなさん楽しそうに談笑してましたし・・・。
かろうじて談笑できるレベルにギアを合わせると一人だけ遅れていく事にも!!!!
ええ、気付いていましたさ!

ただ、そんな事言っても状況が好転するわけではありません。
レースで追い込まれた時によく、こう思うんだという言葉を思い出します。



キツイ!


けど、周りの奴も俺と同じくらいキツイ!


ふむ・・・いい言葉ですね。


けど、どう見ても絶対俺だけ明らかにキツイ!だってみんな談笑してるからね!

まさにメンタル崩壊!今の私を救える言葉は「後は下りだから♪」の一言のみなのでした。

DSC02690

DSC02698

ほとんどゾンビモードではありますが、STUMPまでは比較的下りや平坦が多かったのでなんとかそこまで離されずに到着。

DSC02699

DSC02700

久しぶりのSTUMPでハラミステーキを食します。

注文では、ななみんさんがステーキ屋でナチュラルに焼きそばを頼む暴挙(驚愕)にでて店員さんが混乱してしまいますが、そんなものは無いので大人しく肉を食べてもらい事なきを得ます。

STUMPでゆっくりと休憩したら最終目的地である町田あいす工房「LATTE」を目指します。
と、その前にここでカゼトバさんとみつ隊長とはお別れです。

お二人ともとても速くて一緒に走りながら自分もアタック合戦とか皆さんと楽しく遊べる程度にはならないとな~。とつくづく感じさせられました。
ちなみに、みつ隊長はブログでは「ガハハハ!!!」という荒削り?な感じですが、実際はとてもお茶目なダンディ紳士という感じの優しい方でした。
なので、皆も雑兵ジャージ買いましょ!ジャージ!(決して言わされてる訳ではありません)

DSC02701

さて、ここからは大体道もわかってるし「LATTE」を目指すだけだからすぐだろう。
と思っていたところ、輪太郎さんがちょろっと住宅街の脇道に入ったので近道なのかな?
と思って曲がるとなんか壁がありました。

IMG_6302

なんじゃこりゃあああああああ!!!!


コーラさん「あれ、これは登る必要のない坂ですね(≧∇≦)b」


あまりの衝撃で自分で写真を撮る事を忘れてしまいました。
なんか感覚的にはミニ風張林道って感じの道でした。斜度で言ったら間違いなく今日一。

ちょっと凄いと思ったのが、みなさんこの坂を見た途端嬉しそうに加速して突っ込んで行くんです。
あのくらいになれたら峠道も楽しいんだろうな~。と羨ましく眺めていました。


ちょwwwなんかここに来てすごい坂でてきたんですけど!完全に油断してたwww


斜度がグッと上がる場所で一回脚を着こうかなと思ったのですが実はコーラさんがずっと私の近くを走ってくれていたのです。
そしてキツイ箇所で「yakiそばパンさん!ローラーの成果が出ますよ!」と何度も励ましてくれたのです。
「うっ」とか「グッ」など、きちんとした返事もできませんでしたがこういう時近くに誰かいてくれるというのは非常に力になります。
折れかけたメンタルを再びつなげて、脚をぷるぷるさせながらダンシングでなんとか登板・・・。

DSC02702

しかし登板しても新たな坂道が出てきます。頼んでもいないのに!

DSC02703

そして当然こうなります。(千切れた)

ようやくピークが来て下りです。


(´Д`).。oO(やっと下りだ・・・。てかここどこだ・・・)


輪たろうさん「みなさん、下ったという事は。次何が来るかわかりますね(^ω^)」


yakiそばパン「いーーーーーやーーーーーーーー!!!!!!」


DSC02705

yakiそばパン「おかしいよ!これはおかしいよ!!!上の方、まき○そみたいになってんじゃんか!」


yakiそばパン「これ、道じゃないよ!まきぐ○だよ!俺達どこ登ってんだよ!」


どうしてこうなったのか、なんでこんな事になったのかわかりませんが通常お目にかかれないレベルの坂道というか地形が出現。
上の方、めっっちゃ巻いてます。
暑さと坂成分の取りすぎでちょっと発言がギリギリになっていますが写真を撮り、震えながらも登板開始。
この後はなんとか足は着かないでみんなに見守られながらゴール。


輪たろうさん「どうですか?(^ω^)」


yakiそばパン「ゼーハーゼーハー・・・ちょっと、おもてなしが過ぎますよ!」


輪たろうさん「えー。だって、坂成分が足りないって言われたから(´・ω・`)」


輪たろうさんに坂成分が足りないとか言った奴は誰だwww


輪たろうさん「でも、もう坂はこれで終わりですから。もう少し(^ω^)」


(´Д`).。oO(え?もう少し?まだあるの・・・?)


DSC02706

もちろん、安定してこうなります。(また千切れた)

DSC02708

さらにLATTEに続く最後の登りで全員による壮絶なアタック合戦が勃発!
カメラを持つ手も思わず震えて写真がブレブレに!

DSC02709

すでに千切れて前には誰もいませんが、なぜか手が震えてブレブレに!

そんなこんなで満身創痍、何とかLATTEに到着してアイスを食します。
ここで、偶然ツイッタ―でフォローしているバターさんに遭遇。
坂道は嫌いらしくこの日も山を走ると知ってか不参加でしたが、坂はダメなんです~(´・ω・`)とか言いながらも、どうやらヤビツを初めてで46分とかで登ったとか。貧脚詐欺というやつですな!けしからんですな!

DSC02710

アイスを食べたら天気が怪しくなってきたのでそれぞれ解散していきます。
私も雨に降られる前にと、町田街道へ出て帰路へつきました。

帰り道の悲劇

DSC02711

憔悴しきった私が町田街道をタラタラと走っていると一台のローディが横を通り過ぎて行きます。

あ!あれはバターさんだ!

結構交通量も多かったので頑張って漕いだらすぐに追いつきました。


yakiそばパン「どうも!こっち側なんですね!」


バターさん「ああ!どうも!横浜なんで雨が来る前に帰ろうと思って。」


と、バターさんが前で一緒に走っていたのですがここで私の脚からSOS警報。

町田街道は信号もあって、結構渋滞していたのでストップ&ゴーがとても多かったのです。
そして、バターさん加速する時にダンシングでグイグイっと行くので私もそれについて行ってました。最初の内は。

巡航速度は大体30km/h~35km/h位なのですが、途中からそれがインターバルトレーニングのようになり千切れかけます。


(´Д`).。oO(ま・・・まずい!引いて貰っておいて振り返ったら千切れてたとかカッコ悪すぎる!)


最後の意地で食らいつきますが少しずつ離れたりするんです。
しかし、ストップ&ゴーが多い町田街道。
すぐにバターさんは停止するのですが、そのタイミングでは後ろにいなければいけません。
ここで後ろにいないと千切れてる事がバレるので、多少離れてもバターさんが止まりそうな気配を感じたら全力スプリントで追いつきます。

そして、さも普通についてきてるよ?風に息を整えて会話をする。

という姑息な事を2~3回繰り返したのち、


「あ。私、次の信号左折なので!」


と、さもいつもそこを左折している風に爽やかに別れを告げました。


ちなみに、その左折は一本間違っていてコッソリ戻ってきたのは秘密です。

SnapCrab_NoName_2016-8-18_16-20-20_No-00

尚、この後私の姑息な作戦は全てバターさんバレた挙句、バターさんに「おい、焼きそばパンwww」とパン呼ばわりされた模様。
無情にも、力量の差による上下関係が築かれた瞬間である。

まとめ

今回、私がアレなのは完全に実力不足。
後半の坂成分の濃度は少しおかしい気もしますが、私以外の他のみなさんはゆるポタで気持ちよく走れたようです(^o^)丿

(´-`).。oO(・・・たぶん)

私はもうちょっと距離と獲得標高を走れるようになって、アタック合戦に参加して一緒に遊べる位のレベルになれるように頑張りたいです。

今回、企画していただいた輪たろうさん、ありがとうございましたm(__)m
実はここまでの山メイン、坂道成分豊富なグループライドは初めてでとても新鮮でした。

普段は走らない場所を山好きの皆さんと走るのはキツかったですがとても楽しく、また是非ご一緒できたら嬉しいです!

次回も「ゆるポタ」でお願いしますね( ゚∀゚)




♪~♪~♪♪♪~♪~♪~♪♪♪←あの音楽



(タモリの語り)


いかがでしたか?


皆さんは「ゆるポタ」という言葉をどこまで知っていますか?
おっと・・・この場合は「信じますか?」と言った方が適切でしょうか。



(サイクルジャージでロードバイクを押すタモリ)



え?そんな恰好でこれからどこ行くかって?


ちょっと、相模原のパンパティまで。


大丈夫、今日は「ゆるポタ」ですから。(笑みを浮かべるタモリ)



♪~♪~♪♪♪~♪~♪~♪♪♪←あの音楽



SnapCrab_NoName_2016-8-18_18-10-0_No-00

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. コーラ より:

    相変わらず面白くて(≧∇≦)b更新を楽しみにしております♪
    今回は自分が出ているので尚更嬉しかったです\(^o^)/
    YOHEIさんはヤヴァかったですね(||゜Д゜)

    ソーセージぱんさんのフォームがスマートで格好良いなぁ☆彡と後ろから見つめておりました!!
    センスに溢れていて羨ましいです(≧∇≦)b

    個人的には帰宅後のバターさんとのやりとりでの《焼きそばぱん呼ばわり》が最高に面白かったです(笑)

    同じ様な場所を走ってるみたいですので、またぜひご一緒して下さい(//∇//)

    あ、ザッパーさんライドの時はお声掛けいただかなくて結構ですからね~(゜ω゜)

    • yakiそばパン より:

      コーラさん

      コメントありがとうございま~す!
      完全にソーセージパンへ移行してるじゃないですかwww

      当日は常に後ろからフォローしていただきありがとうございましたm(__)m
      フォームを褒めていただき嬉しかったです(・∀・)
      私からしたらコーラさんの走力は目を見張る物があり、必死に自分と何が違うかフォーム等を見ていました。もっとも前に出られると一瞬で消えてしまうのでそんなに見れませんでしたがwww

      是非、またご一緒して下さい!
      雑兵ライドもきっちりお誘いしますね (^q^)

  2. かがみもち より:

    ゆるポタかどうかはわかりませんがとっても楽しそうです(≧∇≦)
    そろそろ私も有休バズーカをぶっ放してご一緒したいです~

    …もっともバックショットでも移らないほど
    はるか彼方でうごめいているだけになりそうですがw(っω・`。)

    • yakiそばパン より:

      かがみもちさん

      ゆるポタかどうかはわかりませんがとっても楽しかったですよ(^o^)丿
      輪たろうさんは火曜日休みなのお休み取れれば一緒に山で遊んでくれます♪

      是非、有休バズーカぶっ放して下さい(≧∇≦)

コメントする( ✧Д✧) カッ!!

メールアドレスが公開されることはありません。