ロードバイクのモチベーションが無くなった時の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
ピナレロ

みなさんこんにちわ!梅雨ですね~。中々ロードバイクに乗れずに悶々としてる日々を過ごしているyakiそばパンですが、同じように悶々としている方も多いのではないでしょうか?

みなさんは、ロードバイクを買ってから、飽きたり放置した期間はありませんでしたか?

ロードバイクを購入してから、いつも楽しくて仕方ない!次の休みが待ち遠しくて早く乗りたくて仕方ない!という方も大勢いるのとは反対に、購入して1年以内でロードバイクを売ってしまったり、まったく乗らなくなってしまう人も大勢いるようです。
みなさんの周りにもロードバイクを始めたけどもうずっと乗っていない友人などはいませんか?
仲のいい友達や夫婦で一緒に走れたら楽しそうだな~。と思っていたけど、結局一人になっちゃった・・・。

という事ありませんか?

ちなみに私は、去年の12月~今年の3月まではまったくロードバイクに乗る日がありませんでした。。。
そう、モチベーションが低下してしまったのです・・・。
今回は、そんな私のモチベーションが無くなった要因と復活したきっかけを紹介していこうかなと思います。
今、モチベーションが下がってしまっている方、友達や奥さん、旦那さんにもう一回モチベーションを上げて一緒に走って欲しいな~、という方の参考に少しでもなれれば嬉しいです(^_^;)

何事も拘るときは拘るのですが、飽きる時は飽きやすいという性格のこの私。
モチベーションアップの為に12月には固定ローラーとガーミンを購入したのに、ほとんど使わずという状態。。。
走行距離で言うと去年の7月末にこのロードバイクを購入してから3月までで1000kmも走ってない状態で、メンテナンスこそしていたものの、まさに完全な放置状態でした(汗)

スポンサーリンク

3月までモチベーションが下がった訳

仕事や予定が入っていたり、冬は寒かったりといい訳を探せばたくあんありますが、今よく考えてたぶん一番これかな?と思う理由はズバリ「外を走るのが億劫になってしまった」事だと思います。
私の家からどこかへ行くとなると宮ケ瀬等の山の方になり、家の周りもそうなのですが、土地柄行きや帰りにも結構坂道があるのです。
目的地が山や峠なのでまぁキツイのは覚悟の上なのですが、行き帰りのルートもキツイ・・・。いつも帰りはヘロヘロ。
という状況で、朝起きた時点でその日のライドがすごく億劫になってしまったのです。

また、近くに一緒に走れるような同じレベルのローディもいないので常に一人で走っていたというのも良くなかったのかもしれません。
たまにT氏とチームの人と走る機会がありましたが、T氏は冬の装備を持ってなく、そのチームは基本的にトライアスロンもしていて冬はバイクはオフで走行会がないのです。

しかしながら走行会はとても楽しいので、冬の間にみんなに追いつけるように速くなろう!
とモチベーションは上がって宮ケ瀬や峠に走りには行くのですが、初心者のおっさんがそんな急に強くなる訳なく、なんか走る楽しさより行き帰りの辛さが走りに行く前に頭に浮かぶようになってしまったのです。

結果、ちょっと天気が悪くなりそうとか寒いからとか言い訳にして走りに行かない日が1日、2日と増えていきました。
さらに、私は友人とウィンタースポーツもしているので余計に走る日数が減って行き、気付けば1~2ヶ月まったく乗ってないなんて事になっていました。


今思えば、トレーニングトレーニングと意気込んでキツイ山に行かずに、境川サイクリングロード等の平地をのんびり走ったりすればよかったです(^_^;)

その時は

走りに行くのを1日サボる⇒峠とか言って鍛えなきゃ⇒あ~だるいな~。⇒またサボる⇒スノボ行くので走れず⇒劣化⇒やる気ダウン⇒サボる

という負のループにハマっていましたw
まぁ、言ってしまえば自分の意志が弱いだけなんです(^_^;)

モチベーションが上がったいくつかのきっかけ

SnapCrab_NoName_2016-7-13_13-48-2_No-00

見て下さい、この走行距離の差をwww

それまで全然だった状況ですが4~6月の3ヶ月で1500km位(ローラー含)走っています。
ここまであからさまにモチベーションが上がったきっかけは思い返すと3つ程ありました。

1つ目ののきっかけ

まず最初に何が起きたのかと言うと、3月末からこれじゃいかん!とZwiftを導入して固定ローラーで週3~5回程度、無理やりにでもトレーニングを開始してみたのです。

この時はまだ外に走りに行くのはめんどくさいと思っていたので基本的に室内で固定ローラーをやっていました。めちゃくちゃキツかったのですが、zwiftの記録を見ると3、4回目位から推定パワーが少しずつ上がっていて、高い負荷で同じ時間回せるようになっていたのです。
自分の成長が目に見えると楽しいという事もあり、この辺からトレーニングの後の数値を見るのが楽しみになってきました。
ちなみに、zwiftの指示(推定パワーを合わせる為)で私の固定ローラーは常に負荷を3に設定しており、最初は5分でもキツクて10分とか15分とか、本当にわずかな時間しか回せません。
ところが、それが1週間、2週間経つと同じ推定パワーで20分回せたり、推定パワーを増やして15分回せるようになっていくので、それが楽しみでなんとか固定ローラーは続ける事に成功しました。

まず最初のモチベーションアップのきっかけは間違いなくこれでした。
やはり、しっかり記録に残して自分の成長を可視化するという事はモチベーションアップにはとてもいい事だと思います。

2つ目ののきっかけ

2つ目のきっかけは相方がロードバイクを購入した事です。
折角購入したんだから、と近所のサイクリングロードへほんの20km程度の、のんびりサイクリングに行ったのです。
するとどうでしょう。
固定ローラーが辛すぎたというのもありますが、ただ外を走ってるだけで楽しく感じます。
さらにさらに、ローラー修行の成果なのか、キツかった家周辺の坂道たちを以前より楽に速度を上げて走る事ができたのです。

これは非常に嬉しかったポイントで外を走る事に億劫になっていた気持ちが無くなり、もっと走ってみたいと思うようになりました。
以前はいつも帰りはヘロヘロだったのでこのもっと走りたいと言う気持ちで帰宅する事が非常に大切な気もしました。

3つ目ののきっかけ

最後の3つ目のきっかけはグループライドに行った事です。
当時、私が誰かとグループライドをするとすればT氏か冬はオフのチームですが、そのチームの三浦半島走行会の企画に参加させていただいたのです。
以前はまったくついて行けなかった私ですが、気付けば比較的ゆっくりの班にはなんとかついて行けるようになっていました。
この事で、グループライドでも迷惑をかける事はないだろうという自信がついて「茶川探検隊(仮)」のライドに参加させていただくきっかけにもなりました。

そしてグループライドはやはりとても楽しく、さらにロードバイクが楽しくなりました。
気付けば、一人で宮ケ瀬や峠に行ってもヘロヘロにはならず、行き帰りの道も億劫にはならなくなっていました。

気持ちの面での成長も大きく、休みの日にはウダウダ悩まないでサクッと宮ケ瀬へ行ったり、走れるようになった事が嬉しくてT氏と荒川160kmリベンジ等を行ったりとロードバイクを楽しめてる流れができて今に至ります。

おかげさまで今はとても楽しくロードバイクに乗れています\(^o^)/
絡んでくれている皆様には感謝ですm(__)m

モチベーションの下がった時

モチベーション低下の原因にもよりますが、私と同じように「キツくて楽しめない」とか「たいして走れないから行くのがめんどくさい」等の理由だった場合は、まずはSTRAVAやアプリでサイコンの記録を取りながら、楽な平地(できれば車の来ないサイクリングロード)を20km程度消化不良な感じで走ってみて下さい。

宮ケ瀬や山の方を走りたい場合は、市街地やキツイ部分は輪行かトランポでワープしてなるべく楽しい楽々なプランを走ってみて下さい。
そしてできればランチとか景色とか何かご褒美を用意してみてもいいと思います。

思い切って軽井沢の平地でカフェ巡りなんてのもいいかもしれません(๑•̀ㅂ•́)و✧
トレーニングではないので、とにかく気持ちよく、楽で楽しいプランにすることが重要です。

まだまだ走れる元気な状態で帰る事によって今日は楽しかった!で終われますし、走り足りなくてもっと走りたいと思えば次へのモチベーションに繋がります。
そして記録を取っていると1ヶ月経った時の自分の成長や違いが見比べられますのでモチベーションの維持にもつながると思います(^_^)

後は、思い切ってショップライドやグループライドに参加したり友達を引き込んで一緒に走ってみて下さい。
やっぱり誰か同じくらいのレベルの人と走るのはすごく楽しいです(^_^)
同じレベルで峠やライドの辛さや楽しさを共有できる仲間、なんだかんだ言って個人的にはここが一番ポイントだったかなと思います。

ショップの走行会が無い人はこういうサイトで募集もしているので、自分のレベルに合ったサークルなどに参加してみるのもいいと思います。


【参考サイト】スポーツメンバー募集サイト|スポーツやろうよ!


後、ブログはちょっと大変かもしれませんがツイッタ―なんかは簡単なのでやってみるのもいいと思います。
近場の方と繋がったり、グループライドの募集があったり、私は始めてみて世界が広がりました(^_^)
最後は荒療治で、ホイールとか買って無理やりテンション上げるって方法もありますが、お金もかかるし一時的の可能性が高いのであまりオススメはしませんw

ちなみに私の場合はチームの方に早く追いつきたい一心とボッチだった事から、最初の1ヶ月は固定ローラーで修行みたいになってしまいましたが、こんな事しないで平和に平地を走っているだけでも少しずつ強くはなって行くので大丈夫だと思います(^_^;)

少しでも早く、坂道を楽に感じたい、速い人についていきたい!と強く思う人はローラーに挑戦していてもいいと思いますが、固定ローラーはクッソつまらない上に死ぬほどキツイので注意です。
私はローラートレーニングの時の最後の方は目を瞑って下を向いてバヒューバヒュー言いながら漕いでますw

逆にめちゃくちゃ強い意志があればローラーはとても効率のいいトレーニングだと思いますので、我こそはって方は挑戦してみて下さい(^o^)丿

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. HIGIRI より:

    確かに、ヤル気がない時はありますよねえ。
    天気が良い時でもなんとなーく走らなくなる時とか。

    実はモチベーションを上げる技が、もう一つあるんです。
    「大人の力を思う存分発揮してパーツを導入する事」ww

    色々とあとが怖いですがww

    • yakiそばパン より:

      HIGIRIさん

      でたーー!www

      それ、ドーピングみたいな最後の手段ですよwww
      でも、新しいパーツは絶対モチベーションあがりますよね!

      ハッ(゜ロ゜)!

      まさか…それで、最近…(゜ロ゜

コメントする( ✧Д✧) カッ!!

メールアドレスが公開されることはありません。