荒川サイクリングロード~初心者が100km走るとどうなるか→

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
20150523_074435

1432434001586

こんにちわ、yakiです。

 前回、伊豆のサイクルスポーツセンターに行って千切りにされてからというもの、私の中で自転車の事を考える時間が増え、T氏と飲んでる時にかなり遠い距離を冒険してみようという事になりました。丁度、T氏はロードバイクとクロスバイクを1台づつ所有しており自転車を持っていない私に貸してくれるという事なんですから持つべきものは自転車を複数台所有している友達ですね(^o^)丿

 さて、自転車ロングライドをするというのはいいですがいくつか問題があります。

  • 「遠い距離」といってもどれ位がベストなのか。
  • 目的地はどこがいいか。ただ距離を走って道端で「目標達成!!!」では燃えません。何かゴールにご褒美が欲しいところ・・・。
  • 目的地までの道に「トンネル」は避けたいところ。
  • 山道も今の自分達では間違いなくUターンするのでこれもパス。
  • 幹線道路や都内のゴミゴミした中へいくのは避けたい。

 と、考える事はたくさん・・・。

 あーでもないこーでもないとT氏と話しているとT氏の奥さんが「埼玉の森林公園でバーベキューしてるからそこをゴールにして来たらいいんじゃない?」と提案。

 調べてみるとこの森林公園というのは正式名称「国営武蔵丘陵森林公園」といって荒川サイクリングロードを遡っていけば行きつくので道が非常にシンプルで迷子になるリスクも少なそう。山もないしグーグルマップで調べたところ、トンネルもなく、ずっとサイクリングロードなので公道を走る距離も抑えられて気持ちよく自然の中を走れそう。おまけに途中に牧場もあるじゃあありませんか!

 今の私達にとってはこれ以上ない程の良コース。

 浅草のT氏の家を出発して距離は片道60km往復120kmとなんだかよくわからないけど平らだしまあ、いけるっしょ!と早速企画を実行へと移します。

 概要としては

  1. 私とT氏早朝に浅草の自宅を出発。荒川まで行き、サイクリングロードをひたすら遡る。
  2. 女性組はゆっくり起きて電車で森林公園へ
  3. 先に森林公園についた女性組はバーベキューの準備。
  4. 丁度焼き始めた頃に我々到着

 まさにドリームプラン。めっちゃリア充!ワクワクが止まりません!

 前日にT氏宅に泊り、朝6時頃出発!

 当日、とりあえずT氏はロードバイクに、私はクロスバイクにまたがり近くのコンビニで飲み物と補給食を購入。

 なんでも、自転車に空腹のまま乗り続けるとハンガーノックといって体の力が入らなくなり動けなくなるという怖い症状があるという。早い話がガス欠で筋肉や体を動かす栄養素が枯渇してしまうのだとか。症状が重いと命にも関わるという事なので補給食と水分は買っておきます。

 そして、いよいよ冒険のスタートです。

 まずは荒川を目指し橋を渡ります。早朝なのに意外に車多いんですね、車には注意してサイクリングロードへ。

 私、サイクリングロードというところへ生まれて初めて自転車で入ったんですがこれがまた走りやすい。公道とは違い信号もない上、道幅も広くてみなさんきちんと左側通行を守っていて最高です。

 公道では常に横道があったりで飛び出しや左折、右折の車、後から来る車やバイク、信号など常に緊張して注意していないといけません。そんな公道と比べると一気に情報料が減って周りの景色等を見る余裕も生まれてきます。これがサイクリングだよーと上機嫌で道を進みます。

 一応10kmか20km毎に休憩をしようと決めていたので20kmポイントまで走り第一休憩ポイント。天気も良くて快適なサイクリングロードでとても気持ちよくて草原に寝ころび水を飲みます。

20150523_074435

 しばらくしてそろそろ行こうかと立ち上がって自転車を起こすと・・・


なんか小さい細長い虫が自転車にビッシリ、ウヨウヨとうごめいております



 自転車にビッシリ→置いておいたヘルメットにもビッシリ→そこに寝転がっていた俺らにもビッシリ


yaki「ぎゃぁぁああああああああ!!!!!!!!」

T氏「ん?どした?お!?うお!!!???おおおおおおおおおお!!!!!!!」

yaki「くぁwせdrftgyふじこlp!!!!!!!!!!!!!!!!!!


 まさに阿鼻叫喚。


 立ち上がって言葉にならない叫び声を上げながら必死に自転車や体、持ち物を払います。あの虫はいったいなんだったのか、みなさんも荒川の草原には注意した方がいいです・・・。トラウマになる事間違いありません。

 逃げるように休憩ポイントを後に我々ですが30kmポイントに近づいている時に私に異変が起きました。

 「あれ?ケツが痛いかも?(@_@;)」

 そうなんです。ケツパッド履いてるのにもう痛くなってきたのです。ただ、まだ半分にも来てないのでこんなところで泣き言は言えません。さりげなく、T氏にもケツの痛みはないか聞きましたがT氏は平気な様子。とりあえず30km地点で一度休憩しようと提案しそこまで我慢です。

 が、ケツの痛みはどんどん増していきとうとう座ってられない程に・・・。さらにケツを守るため変な乗り方をしているせいかめちゃくちゃ疲れてきます。。。確か巡航速度も20kmを切っており15kmとかにもなっていたと思います。ここにきて明らかに速度が落ちてケツ痛いケツ痛いとテンションダダ下がりの私の異変にさすがのT氏も察してくれ、ありがたいことに30km地点でロードバイクと交代してくれるとの事。

 もしかしたらバイクを変えればマシになるかもと思いありがたく交代してもらいます。するとどうでしょう、なぜかロードバイクではケツの痛みがだいぶ無くなります。既にダメージを受けているので多少痛みますが全然マシなレベル。さっきまで肩で息をしてたのですが完全に復活!会話も弾み周りの景色を見る余裕も生まれました。原因はなんなのでしょう、クロスバイクと違ってロードバイクは前のめりなので体重を腕に分散できてる分楽なのでしょうか。とにかくケツに痛みは問題ないほどになり巡航速度も上がります。

 一応、T氏にその自転車でケツは痛くないの?と聞いてみるのですがさすが自分の乗りなれた自転車、ケツはいたくなく、むしろロードバイクだと背中、腰の筋肉が疲れて痛くなるからクロスバイクの方が楽というのです。ここに奇跡のWINWIN関係が成り立ちこのまま自転車は交換していく事に決定しました(^o^)丿

  そして順調に距離を伸ばして一つ目の目的地「榎本牧場」に到着です。

1432345393860

 この牧場、サイクリングロードから直接入れるせいか私が行ったときはお客さんの9割がローディでした。いつも車で高原等の牧場にいっていた私には自転車だらけローディだらけの牧場は新鮮な眺めです。ここではヨーグルトをいただきましたが、とても濃くて疲れている体には最高でした。(^_^)」

1432345407024

 さて、休憩も終わり順調に距離を伸ばしますがここで事件が発覚します。スタートして50km位でしょうか、あと10kmのはずなのにグーグルマップで確認すると明らかにまだ三分の一は残っています。

「え!?なんで?」

 と焦る我々ですがそれもそのはず、実はこの荒川サイクリングロードいたる所工事中だったり舗装されていなかったりでかなり迂回して道に迷ったりしていました。その無駄な走行の積み重ねたものが大きくなり我々の前に現実を突き付けているのです。

(後にルートラボで調べると、この時どんな自転車アプリで調べたか忘れましたが、そもそも浅草から森林公園までサイクリングロードを通って60kmで到達はできなそうです。ルートラボによると榎本牧場までで既に50km程度となっているので大体この時と同じです。おそらく、当時調べたアプリではサイクリングロードではなく国道を最短距離で結んだ結果を表示していた物だと思われます。ご存知の通り、川はうねうねしてますし、サイクリングロードは迂回も必要な場所もありますので大体、一般道で調べた距離よりはだいぶ伸びてしまうようです。)

 さらに不運は重なりT氏の乗っていたクロスバイクの後輪がここにきてパンク!しかもクロスのパンク修理キットを持っていない私たちはすぐに近場の自転車屋を探します。運良く2km程のところに自転車屋を見つけて急行します。

20150523_121344

 無事パンク修理も終わりもう一度ルートを確認。

 目標では12:00~13:00の間に到着できればいいねと話していましたがこの時点でそれはかなり厳しくなってきます。しかし泣き言をいっていたも仕方ありません。とりあえず目標地点までは行こうとひたすらペダルを回します。

 そして2人ともかなりヘロヘロ、それもそのはず、バーベキューが待っている事もあり二人ともちょっとした補給色のみでランチ等食べておりません。
たぶん軽いハンガーノックだったのでしょう、少しの坂道でさえ自転車を降りて押し歩き、もはや脚の自重だけでペダルと回しているような究極の省エネ走行でなんとか前へ進んでいました。
そしてついに走行距離は95km程に、もはや当初の60kmはどこえやら、スマホのナビを見る限りゴールまであと5km程の箇所で悲劇は起きます。


T氏「yakiさ~ん!!事件!!!!」


 振り返るとそこにはペッタンコの前輪と失速していくT氏の姿が・・・。

 なんとここにきて前輪もパンク、あわててまた自転車屋を調べますがどんなに近くても片道5~6kmは離れています。この時点でもうバーベキューに参加できるとは思ってなく、どうやって無事に帰ろうかという事が頭を占領していました。

 とりあえず近くのホームセンターへ移動してどうするか考えます。

 輪行袋もない、駅までも遠い、自転車屋さんも遠い→オワタ\(^o^)/

 という図式だけが頭に浮かんでは消えを繰り返していましたが、ここで一つ、きっと我々のような者にニーズはあるはず、自転車の出張修理とかしている自転車屋さんはあるんじゃないか?と閃き探してみます。するとこれがビンゴ、何店舗か発見してその中の1店舗が来てくれるとの事でした。

 ただし、これる時間は夜の7時頃との事。まだ時間があるので事情を話してホームセンターに自転車を置かせてもらい、タクシーで一度森林公園へ行く事になりました。

 閉園ギリギリに到着してありがたいことに残してくれていた肉をかきこみ倒れこみます・・・。

~30分後~

yaki「もうだめだ~、ケツが割れてる、きっと穴もあいてる。俺もうここで1泊する。」

T氏「でも帰りどうしよう。夜の走行は危なそうだし、サイクリングロードには街灯とかないからあそこでまたパンクなんてしたら・・・。」

 確かにサイクリングロードに街灯はなく、夜中では自転車屋もやっていません。そんな中パンクやトラブルが起きたらそれこそ打つ手はなし。それだけは避けなければなりません。ここからみんなで色々なアイディアを出して考えます。


  1. 「宅急便等で輸送して電車で帰るのはどうだろう」→電話で聞いたところかなり高額になるので保留。
  2. 「ちかくのホームセンターや店に輪行袋とか売ってたらそれに詰めて帰ろう」→電話で聞いたら売ってない。
  3. 「レンタカーを借りて自転車乗っけて浅草まで帰ってそこで乗り捨ては?」→私がこの日に限って免許を財布と一緒に家に忘れてきた為、T氏の運転→教習以来一度も公道に出たことがなくT氏が全力で拒否。



 等々、頭をフル回転させて考えた結果

 自転車修理屋さんが来る→自転車直る→ホームセンターでビニールシートと紐を購入→東松山の駅まで自走→購入したビニールシートで自転車をグルグル巻きにして輪行→上野からタクシー

もし、駅員さんに聞いてダメだと言われたらそのまま宅急便か、一旦私が戻ってレンタカーを借りてくる。

 というのが一番いいのではないかという事で落ち着きました。
駅までは5km程ありますがご飯を食べた事もあり、気力も体力もかなり回復、5kmくらいならなんとかなりそうです。

 というわけで無事7時に出張してもらった自転車屋さんから修理も終え、ブルールシートで自転車を包み過酷で色々勉強になった初ライドは幕を閉じるのでした・・・。

※この時の自転車の梱包ですが、基本的に輪行は専用の輪行袋がルールです。
駅員さんは自転車が飛び出ないか梱包とシートの丈夫さと大きさを気にしてチェックしていたように見えました。
もしかしたらビニールシートが建築現場で使う丈夫な所謂ブルーシート(5帖位の巨大な物)という物で包んでいたのでOKが出たのかもしれませんが、確認の上とはいえこれは厳密には規約に違反しているようです。
気分を害された方がいらっしゃいましたら、申し訳ございません。




【感想】

 通算約100kmの過酷なライドでしたが荒川サイクリングロードは飛行場や何かの発掘現場、のんびりとした釣り場や爽やかな木立の道など私に体力とケツの痛みが無ければとても気持ちのいい道でした。

自転車に乗っていると、音や景色等、車では絶対に味わえない空間が広がります。キツかったのですが近いうちにまたリベンジしたいと思わせる程魅力的なコースでした。

そしていよいよロードバイクが欲しくなってきた(●´ω`●)

【本日の教訓】

  • 修理キットは必ず持ち歩く
  • 補給はこまめに!
  • ロングライドや田舎へ行くときは輪行袋必須
  • サイクリングロードは全てが舗装路とは限らない、途中迂回の必要もあり
  • ケツが痛い

1年後のリベンジ編はコチラ⇒「荒川サイクリングロード(浅草⇔森林公園)160kmライドをリベンジした結果」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    >購入したビニールシートで自転車をグルグル巻きにして輪行
    これ完全に旅客営業規則違反ですよ。東武でもJRでも。
    規則を知ってるお客さんからは「違反しやがってクズめ」って白い目で見られてたでしょう。堂々とブログに書けることじゃないですよ。
    もちろん、一番悪いのは、OKを出してしまった無知な駅員さんだと思います。

    • yakiそばパン より:

      匿名さん

      ご指摘ありがとうございます。
      まさにおっしゃる通りです。
      ただ、駅員さんについては無知というか、お願いした私たちがいけないのです・・・(駅員さんは自転車が飛び出てないかや、シートの素材、大きさなど確認してくれました)。

      今後はもっとしっかりとルールと責任を持って行動いたします。
      また、ここに関しては追って注記を入れたいとおもいます。大変失礼いたしました。

コメントする( ✧Д✧) カッ!!

メールアドレスが公開されることはありません。